昼間の風景が夜に変身!

色の領域別に輝度を調整

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
HSLのパネル上で、最初に彩度を減少させてモノトーンの表示にした上で、色の領域別に輝度を調整します。
講師:
05:28

字幕

このレッスンでは、色の領域別の輝度を調整します。それではですね、Lightroom のパネルですけど、ここの項目の書いてある横の三角をクリックするとたたんだり出したりできます。こんな感じですね。ではそこのですね、これを使いましょう。HSL、カラー、B&W、ここをクリックして開きます。そうするとですね、ここのHSL というところを開いておきます。ここは何かというといろんなですね、色の領域別この画像の中のそれぞれの色の領域ですね、それらが個別に 色相であったり、彩度であったり、輝度であったりを調整できるというそういったパネルになっていますね。では色相のところですね、これをちょっと操作してみましょう。例えばこの「イエロー」というところですね、これを操作するとどうでしょう。元々の画像で黄色い成分が多いところですね、それを色相を変えることによってもっとオレンジっぽいところにもっていったり、はたまたちょっとグリーンぽくなったり、こんなふうに変化します。これがイエローの方に行くことで、夕日っぽくなりましたね。グリーンのところですね。これを動かすと、グリーン特にこの芝生ですね、今は緑っぽい色ですけど、どんどんここで出ている色ですね、黄色っぽい方に転ばせていくとこんな感じになります。 さっきの元の画像はですね、かなり昼間の時間という感じでしたけど、一気にすごく夕暮れっぽくなりましたね。こんなふうに使うことができます。それではですね、この状態を作った上でちょっとですね、別の作業をします。では「彩度」のほうにタブを移します。この彩度なんですけど、色の領域は一緒ですね。同じように色の領域があって、この領域別に色の鮮やかさですね、彩度を調整できます。例えばレッドの彩度を落としてオレンジの彩度を落としてとやっていくと、どんどんですね、彩度を落とした領域の色がなくなります。イエローはわかりやすいですね。ではこれですね、とりあえず全部もう左に持って行って完全なモノクロにしてしまってください。この状態で輝度の方に移ります。もう色がなくなったので、明るさの設定がすごくしやすくなりましたね。ではこの状態でですね、それぞれの色の領域の輝度、明るさを調整すると、例えばここを見ていてください。もともとオレンジっぽい成分の多かったところですけど、ここの明るさが変化していますね。それではこの要領でそれぞれの部分の明るさを調整していきましょう。ではレッドはこのままでいいです。ではオレンジですね。これはどんどん上げて+100 にしてしまいましょう。 そしたらイエロー。これを調整すると、この木にあたっている陽の光ですね、そこの部分を調整できますね。落とすともう暗くなります。ではこれも 100 にしました。次にグリーンですね。グリーンを調整すると芝生のところこれが動きます。ではこれも 100 にしましょう。次にアクアとブルー両方とも青っぽいところですね。これを動かすと、わかるでしょうか。アクアを動かすと特にこの葉っぱのエッジの部分ですね、、ちょっと拡大してやるとここが変わりますね。ではアクアは落として-100 にしてしまいましょう。そして次にブルー。ブルーを落とすともうこれはわかりやすいですね。空の色が反応します。ではブルーをですね、これも最低まで持って行きます。そうするとこのような感じとなりました。これですね、ここのスイッチ、これをクリックするとON、OFF できます。ON、OFF するとですね、これ色の有る無しもあるんですけど、明るさの雰囲気が変わってますよね。空が青い部分かなり明るかったのが処理後は暗くなっている。白黒にしているとその明るさの変化がよくわかります。この状態から次の作業に移っていきます。

昼間の風景が夜に変身!

Lightroomはデジタル一眼レフのRAWデータを現像することに特化されたツールです。でもその機能をフル活用すれば、たんなる現像ソフトの枠を超えたな大胆な写真の加工にも利用することができます。このコースでは画像の基本部分の処理、色の大幅なコントロール、レンズの補正、シャープ化の処理、光の細かいコントロールなどを行うテクニックを学ぶことができます。

55分 (13 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2015年10月21日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。