Logic Pro X 基本講座

キーボードショートカットの定義

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Logicを効率よく操作する上で欠かせないキーボードショートカットの設定や管理の方法について解説します。
講師:
05:20

字幕

このレッスンでは、キーコマンドの使用と設定について解説します。Logic Pro に限らないですが、パソコンのソフトを効率的に操作するときにはキーコマンド、一般的にはキーボードショートカットとも呼ばれますけど、それらの使用が重要になってきます。例えば何かをするときにわざわざメニューに行って選ぶのではなくて、キーボードのキーの組み合わせでコマンドを実行することで、スピーディーに操作が行えます。例えばですね、「編集」のメニューの中に「カット」「コピー」「ペースト」とありますけど、じゃあ、この選んでいるブロックを例えばカットしたい場合ですね。そのときに「編集」「カット」と選ぶのではなくて、ここを見てみるとこの花びらみたいなマーク、これは Mac のキーボードのCommand キーですね。Command キーと X を押すと、それが実行できるとあるのでやってみましょう。では Command+X を押すとカットされましたね。そしてこのカットしたものをペーストしたいときには、こんどは Command+V なのでCommand+V を実行すると、このように操作が行える。このようにですね、いちいちマウスポインタをここに持っていって選ぶというそういった時間がないので、非常にスピーディーに作業を行うことができます。 この表示ですけど、今あった Command キーですね。これの他にも、例えばこの「トラック」→「新規トラック」なんていうのはCommand+N の他にもう 1 個ありますね。このマークは Option キーです。Option+Command+N を押すと、新規のトラック作成ですね。ここを選んだのと同じになります。または新規プロジェクトなんてときですね。そんなときにはこの上矢印がありますけど、この上矢印は Shift キーです。Shift+Command+N を押すと新しいソングの作成と。このメニューと同じ動作をします。こうしたキーコマンド、キーボードショートカットですが、「Logic Pro X」メニューの「キーコマンド」というところですね。この「プリセット」というところを見ると、このような予め作られたセットが入っています。今は日本語のキーボードに合わせたJapanese というのを選んでいますけど、これですね、例えば他の言語で他の言語のキーボードで使っているときには、他の言語を選びます。例えばここに「Pro Tools」というのがありますけど、Pro Tools というのは主にプロ向けのスタジオ等で一番使われている音楽制作のソフトなんですけど、それのショートカットに合わせるというそんなものも用意されています。 そしてですね、この「編集」というところ、これを選ぶと自分でキーボードショートカットをカスタマイズすることができます。これが表示されている状態で例えば何らかのキーを押すと、今そのキーが割り当てられているコマンドが出てきます。例えばこのようにですね、様々な項目があるんですけど、特定の項目に自分自身でショートカットを割り当てたいというときには、まずその項目を選びます。そのうえで「キーのラベルで登録」というのがあるので、これを押してこの青になっている状態でその登録したいショートカットのキーを押すと、今 Shift+Command+1 というのを押したんですけど、それがこのように登録されます。登録したらこれを外しておくと、変更されなくなります。もしこれを外したいときには、削除するとなくなります。このようにオリジナルでショートカットを設定したり、または既存のものを差し替えたりということができます。この「キーのラベルで登録」というのと「キーの位置で登録」なんですけど、さっき言語によってキーボードの割り当てが違っていましたよね。そのときに「キーの位置で登録」にしておくと、キーに割り当てられている文字に関わらずそのキーの押した位置でショートカットが実行されます。 「キーのラベルで登録」というのは、例えばそのキーに割り当てられているアルファベットであるとかそういったものに対応したところで、キーボードが変わっても例えば Command+A であればCommand キーと A のキー。その位置が変わったとしてもそれで実行されると。そのような内容となっています。こうして作ったキーコマンドですけど、この「キーコマンドを書き出す」というところですね。実行すると、保存することができます。例えばoriginal と入れて「保存」とやっておけば、今作ったものがもう保存されました。そしてそれは「Logic Pro X」メニューの「キーコマンド」の「プリセット」の中に今「original」が入りましたね。このようにですね、自分好みのショートカットを登録してセットにしておくこともできます。ショートカットはですね、作業効率のアップには欠かせない要素ですので、ぜひとも覚えておいてください。

Logic Pro X 基本講座

Logic Pro Xはアップルがリリースしている本格的な音楽制作ソフトです。このコースではLogic Pro Xと周辺機器の基本的なセッティング、オーディオを細かく加工する方法、譜面の作成や印刷、付属するソフトウェア楽器の紹介、ミキサーの使い方、ファイルやWebサービスに向けた書き出しなどをひと通り学ぶことができます。

4時間26分 (38 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年10月25日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。