Logic Pro X 基本講座

タイミングを調整

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
録音したオーディオ内で、微妙にずれた演奏タイミングを修正するためのFlex Timeの機能について解説します。
講師:
04:24

字幕

このレッスンでは、Flex Time を使ったタイミングの修正について解説します。はいそれではこのレッスンのですね、サンプルファイル、まずちょっと聞いてみましょう。Drummer の上にですね、ギターを弾いて重ねてあるんですけど、ちょっとギターのタイミングが変なところがありましたね。もう一回聞いてみると、特にですね、4 小節目から 5 小節目に行くとこですね、かなりタイミングがよれてしまっています。通常こうした場合はもう弾き直すしかないんですけど、Logic Pro のFlex Time という機能を使うと、これをですね、修正することが可能です。では実際にやってみましょう。ではこの修正したいですね、オーディオのリージョン、これ選ばれている状態でエディターを開きます。そうすると詳細ですね、エディターが出てきます。これが初期状態ではこんな感じに波形だけが出てる状態になっています。さあここでですね、このボタンです。これが Flex を表示というやつですが、これをオンにすると、見てください。波形のですね、ギターのカッティングのそれぞれの頭のとこですね、そこに線が引かれています。で、今この場所、4 小節目の 3、4 拍とこれ 5 小節目のとこですね、この境目のあたりずれてるのが目で見ても分かりますね。 そしたらですね、このそれぞれの境界線これが実はドラッグすると動かすことができます。これを動かしてタイミングを修正できるので実際にやってみましょう。ではですね、この 5 小節の中ですね、5 小節目の中で修正してみます。まずこれですね、1 小節の中で 8 回弾いてるので、大分ずれてしまっていますね。まず一発目これを丁度小節の頭に持ってきます。1、2、3、4 とあってで、この 5 個目はですね、丁度真ん中に来るはずなので、3、4 ここがもう少し後ろですね、そしたらそれぞれのこのヒットの部分ですね、これを細かく直して行くと、こんな形で見た目的に合いましたね。じゃあこれ実際音を聞いてみるとずいぶんマシな形に合いましたね。少なくとも思いっきりずれているようには聞こえないと思います。このようにですね、シビアなタイミング。これもこの Flex Timeを使うとですね、かなり簡単に直すことができます。例えばこのカッティングのギターとかドラムのようなですね、頭のはっきりしているものは特に扱いやすいですね、コツとしてですね、ここに選択があるんですけど、今 Automaticというのにしています。で (Monophonic)という風に出てますねMonophonic というのは単音のフレーズなので、このカッティング単音みたいなものなので、比較的調整しやすいものですね、これがですね、例えば和音が鳴ってるところ、ピアノなんかですね の調整、Polyphonic とかですね、それぞれ最適なものがあるんですけど、とりあえず Automaticで採用してみると、こういうリズミカルなですね、カッティングのギターであるとかドラムなんかはタイミングは修正しやすいかと思います。 これでですね、もちろんちょっとプレイの技術がですね、もう少し練習しなければいけない所を補ったりとか、またはレコーディングの失敗をですね、時間がない中ある程度良くできたテイクをさらに良く仕上げるために微調整する、そんな用途に使えるので、是非ですね、この使い方覚えておいてください。

Logic Pro X 基本講座

Logic Pro Xはアップルがリリースしている本格的な音楽制作ソフトです。このコースではLogic Pro Xと周辺機器の基本的なセッティング、オーディオを細かく加工する方法、譜面の作成や印刷、付属するソフトウェア楽器の紹介、ミキサーの使い方、ファイルやWebサービスに向けた書き出しなどをひと通り学ぶことができます。

4時間26分 (38 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年10月25日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。