Logic Pro X 基本講座

クオンタイズの詳細

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
入力したMIDIノートの位置を設定に従って揃えるクオンタイズ機能の詳細なコントロールについて解説します。
講師:
05:12

字幕

このレッスンではクオンタイズ機能の詳細について解説します。入力した MIDI データでですね、それをずれを微妙に修正してくれるクオンタイズの機能ですね。かなりですね、細かい使い方ができるので、その詳細を見てみましょう。ではまずソフトウェア音源のトラックを作ります。「作成」とするとデフォルトでですね、エレクトリックピアノの音がアサインされます。鍵盤を弾いてみると音が鳴りますね。これを使ってですね、ちょっとデータ入力をしてみましょう。邪魔なので、ライブラリは非表示にしておきます。そしてカウントインをオンにしてそしてクリックですね、鳴るようにしてメトロノームに合わせて演奏してみます。では入力してみます。こんな感じの適当なフレーズですね。これを入力してみました。ピアノロールをみるとこのような内容になっています。では一回聞いてみるとこんな感じですけど、よく見るとこの辺とかですね、後この辺とか微妙にこの本来の演奏位置ですね、音符上ぴったりの位置からはずれています。ではこれらのこの音ですね、これを全部選んだ上で例えばクオンタイズの値これを 16 分音符に設定して今実行するとこのようにですね、ぴったりとした位置にクオンタイズされました。 1 回聞いてみるとこんな形ですね。今ですね、これすべての音符がぴったりの位置になったんですが、物によっては若干その手のですね、演奏の癖によるずれも残してもてもいいかなっていう場合もあるかと思います。そうした場合ですね、強さってのがあるんですが、今 100 になっているので、完全にこのグリッドに沿った位置に合ってますけど、これを弱くしていくとノートが動いているのがわかるでしょうか。完全に弱くすると一番最初のクオンタイズ適用前ですね。ずれが完全に残っている形で演奏することができます。この強さのドラッグによってですね、クオンタイズをどれぐらいにかけてやるかそれが調整できます。またですね、下にスウィングってありますが、クオンタイズですね、今これ 16 分音符でやりましたけど、ちょっとスウィングしているこの位置関係に揃えるということもできます。例えば 1/8 Swing Bというのを選んでみるとちょっと音符が動きましたね。これのスウィングというのを強くしてみるとどうなるかというとちょっとスウィングしたリズムになったのが分かるでしょうか。特にここですね。さっきタータータタッときっちりなっていたのがタータータッタッタータータッタッとちょっとスウィングした感じになりました。 こういったスウィングもですね、この度合いを変えてやると調整することができます。こんな感じにですね、ぴったり位置を合わせるのから微妙なスイングのノリを作るところまでクオンタイズを使えます。今使っていたのがタイムクオンタイズですね。時間位置のクオンタイズなんですが、その下にスケールクオンタイズというのがあります。これは何かというとタイムに対してこれはスケール 音程のほうですね。特定のスケールに合わせてクオンタイズできるというわけですね。例えば今弾いたフレーズはドレミファソラシドなんですけど、今メジャーになっていますね。例えばこれですね、C メジャーが今のドレミファソラシドのスケールなんですけど、 これをマイナーペンタトニックなんていうのにすると、こんな感じにですね、音程が動いて音階もですね、特定のスケールにクオンタイズすることができますこれをまたメジャーにすると戻りましたね。こんなふうにですね、クオンタイズの機能を使いこなすと単にずれを修正するというだけではなくて積極的にですね、ちょっとスケールを変えてみたりとかノリを変えてみるそんなエディットを行うこともできます。曲によってはですね、細かく調整できて面白い結果になるので、ぜひとも試してみてください。

Logic Pro X 基本講座

Logic Pro Xはアップルがリリースしている本格的な音楽制作ソフトです。このコースではLogic Pro Xと周辺機器の基本的なセッティング、オーディオを細かく加工する方法、譜面の作成や印刷、付属するソフトウェア楽器の紹介、ミキサーの使い方、ファイルやWebサービスに向けた書き出しなどをひと通り学ぶことができます。

4時間26分 (38 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年10月25日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。