Logic Pro X 基本講座

ミックス結果のバウンス

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
全ての作業が終了した後、曲全体を1本のステレオオーディオファイルとして書き出す際の手順について解説します。
講師:
04:13

字幕

このレッスンでは、ミックス結果のバウンスについて解説します。Logic 内でミックスが終わって、もう全部完成した状態ですね。この状態は、 最終的に 1 本のオーディオファイルにまとめないと、他のプレーヤーで聴いたりとか、ネットにアップしたり、または CD にしたりといった作業が行えません。なので最終的に、全部のトラックを1本のオーディオファイルにまとめる、バウンスという作業が必要になってきます。では、それをやってみましょう。まず、ミックスが終わった状態。ここでミキサーを表示します。そしたら、ミキサーのアウトプットチャンネルですね。ここには、「Bnce」というボタンがあります。これはバウンスの略なんですけど、ここのアウトプットに流れてくる信号を、今は全部流れてきますよね。それを最終的に1本のオーディオファイルに書き出すという機能のボタンです。では、「Bnce」をクリックしてみましょう。そうするとこんな設定がでてきました。まず大事なのは、この「用途」という所なんですけど、「PCM」というのがありますね。PCM というのは、いわゆる圧縮していない、一番クオリティの高いオーディオのことです。通常はこれをマスターにするので、これを必ず書き出します。 「ファイルフォーマット」というのが、「AIFF」か「Wave」または「CAF」ですね。選びます。そして、「ビット数」であるとか「サンプルレート」、こういったところが選べるので、ここですね、通常は「PCM」をマスターにします。ここに「インターリーブ」とありますが、インターリーブと言うのは、いわゆる、ステレオの左右が1個になった、通常のオーディオファイルのことです。通常はこっちで OK です。もし左右をバラバラのファイルにしたい場合には、「分割」というものを選びます。そして「ディザリング」というのは、ビット数の高いオーディオファイルを効率よく落とし込む手段なんですけど、これはもし、聴いて違いが分からなければ「なし」でもいいですし、複数を比べてみて、一番良く聴こえるのを選んでも構いません。下の方のチェックで、このプロジェクトに直に追加したりとか、iTunes に追加することも出来ます。それらはオフにしておきます。その他に、 MP3 に書き出したり、AAC 、 iTunes なんかで使うAAC に書き出したり、または CD に書き出したりと様々な動作を一遍に行うことも出来ます。「開始」「終了」はどこまでの範囲を書き出すかです。 それを設定します。「モード」という所には、「リアルタイム」と「オフライン」とあります。リアルタイムというのは、この曲の長さです。曲をかけてダビングするように、再生するスピードで書き出しを行っていきます。オフラインというのは、CPU の力をフルに使って、短時間で書き出しができるんですけど、たまに、普通に再生したときと内容が変わってしまう場合があるので、そのときには「リアルタイム」でやると、完全な状態となります。「オーディオテールを含める」とありますが、リバーブなどの残響が最後の方にある場合、そこも含めてあげる場合には、ここのチェックをオンにします。はい。 「ノーマライズ」ですね。その曲の中で一番ボリュームの大きいところに合わせて、音量を底上げするか、それもオン/オフを選ぶことが出来ます。これらを設定したら、「バウンス」をクリックして、保存先を決めます。保存先を決めたら、「バウンス」を実行すると、今、バウンスが行われています。今はオフラインなので、速いですね。そして、「final.aiff」これが書き出した結果です。このように最終的に、Logic のミックス結果を一本のファイルに書き出すことが出来ます。 これがすべての作業の結果となって、他のソフトでも読めるオーディオファイルの形式となっています。これがマスターとなるので、これを大事に保存して、プロジェクトと一緒に、大事に保存しておいてください。

Logic Pro X 基本講座

Logic Pro Xはアップルがリリースしている本格的な音楽制作ソフトです。このコースではLogic Pro Xと周辺機器の基本的なセッティング、オーディオを細かく加工する方法、譜面の作成や印刷、付属するソフトウェア楽器の紹介、ミキサーの使い方、ファイルやWebサービスに向けた書き出しなどをひと通り学ぶことができます。

4時間26分 (38 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年10月25日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。