XcodeによるSwiftプログラミング中級講座

Xcodeのアシスタントエディタ

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Xcodeのアシスタントエディタでできることを解説します。アシスタントエディタは、ファイルの種類に応じて様々な使い方ができるようになっています。
講師:
05:34

字幕

このレッスンでは、Xcode のアシスタントエディタで出来ることを解説します。アシスタントエディタは、この Xcode のメインの画面の右上にある丸が二つ並んでいるこのアシスタントエディタを表示するボタンを押すことによって、このように表示することができます。ただし、 Swift のファイルに対しては特に何かアシストするファイルがないので特に何も表示されないんですが、例えば Objective-C で作業してる時なんかには、このヘッダファイルとそれからそのヘッダファイルの実装ファイルである .m ファイル、これが分かれていますので、それぞれヘッダファイルを表示すれば、右側のアシスタントエディタにはそれの対応した.m ファイルが表示される、そして逆に .m を選択した時には.h が右の方に表示されるという感じでこうやってファイルを見比べながら操作することができるようになっています。また storyboard で作業している時なんかには結構この右側のアシスタントエディタが有用なんですが、例えば、ちょっと今ここにあるものをズームをしますけれど、はい、このようにいくつかのView Controller が並んでいる状態です。 それでこの View Controller に対して例えばこの Table View の所を選択すると、その Table View を表しているView Controller の実装ファイルが、このように選択されます。また次の別の View Controller を選択した時には、このようにまた別のView Controller がこのように表示されます。このようにアシスタントエディタで作業している時には、ちょっとナビゲーション領域が鬱陶しくなる時もありますので、Comannd + 0 のショートカットキーを使ってこのナビゲーター領域を消しておくと、右と左でこのアシスタントエディタを並べて作業しやすいかなと思います。それで今 Command + 0 のナビゲーション領域のこのショートカットキーを使いましたけど、アシスタントエディタも同様にショートカットキーが割り当てられています。Comand + Return を押すことによって、このアシスタントエディタを消すことができます。これは切り替えのスイッチではないので、Command + Return では消えるだけなんですけど、Command + Option キー+ Return キーでまた表示することができますので、これを使い分けて消したり表示したりということをこのように簡単に出来るようになっておくと便利に使えるかと思います。 アシスタント領域はですね、特にこの storyboard で作業している時にそれのプレビューを表示すると便利に使うことができる場合が多いと思います。ここは今 Automatic というのが選択されているんですがこの Automatic というのをPreview に 変更しておくと、この storyboard に対してそれが例えば今 iPhone 4-inch と書いてありますが、この iPhone の 4 インチのもので表示した時にはどのように表示されるかということが確認できるようになっています。ちょっとこれをこの余白をダブルクリックすると小さくすることができるので、更にいろんなデバイスを並べてみたいと思います。左側のこの + ボタンですね、これを押すことによって例えば 4 インチをもう一個追加すると、 4 インチの横向きのもの、それからさらにこれを 4.7 インチにするとどうなるかとか、これを 5.5 インチにするとどうなるかといったことをこうやって並べて確認することができます。またそれぞれ、ここにですね、右下の所には今度English と書かれた所がありますから、これで、これを例えば全体的にテキストが表示されてる所を2倍の長さにした時には、本当にローカライズをするテキストの領域がちゃんと確保されているかということを確認することも出来るようになっています。 このようなアシスタントエディタなんですが、さらにこれをもうちょっとビューを追加したいなという時には、このアシスタントエディタの上の所にですね、Add Assistant Editor というボタンがありますのでこれをクリックすることによって、このように新しいアシスタントエディタの領域を追加することができるようになっています。ですので、大きな画面を使ってプログラムされている方なんかは、この View Controller の実装の所と、それのデザインの所と、それのプレビュー、見た目の確認が同時にできるようになっています。今はこれ + ボタンをさらに押していくことによって縦に並ぶようになっているんですが、この × ボタンを押すとアシスタント領域が一つ一つこう消えて聞くんですけれど、これをですね、View の Assistant Editor のメニューの中からこれがどのように並んでくのかということを切り替えることができます。ですので例えば、これを全部下の所にこう並ぶようにしてくださいと言っておくと、このプレビューも下に表示されますし、更に + ボタンを押した時に新しいアシスタントエディタは下にこうやって並んで表示されるようになります。 このようにアシスタントエディタは、ファイルの種類に応じて様々なレイアウトで様々な使い方をすることができるようになっていますので、是非便利に使いこなして頂ければと思います。このレッスンでは Xcode のアシスタントエディタについて説明しました。

XcodeによるSwiftプログラミング中級講座

このコースではSwiftのプログラミングに慣れてきた方を対象に、より効率的にXcodeを使い、プロジェクトを管理するためのさまざまなテクニックを紹介します。各レッスンではブレークポイントやプロファイラを使った便利なデバッグ方法や、条件に応じてコンパイル対象のコードを書き分けるやり方など実際のアプリ開発で使える実践的なテクニックを解説します。

3時間01分 (27 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年10月29日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。