XcodeによるSwiftプログラミング中級講座

コメントアウトと条件付きコンパイル

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
使用しない一部のプログラムをコメントアウトするための効率的な方法と、プログラムの一部を特定の条件下でのみコンパイルされるようにする方法を紹介します。
講師:
04:36

字幕

このレッスンでは、使用しない一部のプログラムをコメントアウトする方法について色々な方法を紹介したいと思います。まず 現在こちらのプログラムの中にですね、写真を読み込んで表示するというコードが書かれています。ここで 6 種類の画像を読み込んでいるんですが、ちょっと一度実行してみますとこのアプリケーションを起動するとこのように6 種類画像を読み込んで表示しています。で、例えばこの下の方の3 つの画像がちょっと一時的に要らなくなったと上の方の 3 つだけでいいという風になった時には、一番わかりやすいのはこのコメントをですね、まるっとコメントアウトすることなので、ここの部分に /* から */ でこれをコメントアウトしてしまおうと、こんな感じで書くことができます。で、勿論これはちゃんと動いてくれますので、これを アプリケーションを実行し直すとですね、この 3 つのものがちゃんと消えてくれているんですけど、もう一度これを使いたくなったりあるいはやっぱり要らないなということになったりすると、これがですね、結構手間だったりします。で、こういう時に便利に使うことができる方法が用意されていて、それがですね #if というまあ C 言語ではもう見慣れたプリプロセッサという方法なんですが、これを使うことができます。 で、例えばこれを一時的にもう使いませんという風に書くときには#if false と書いて、そして #endifこのように書いてやりますと、この #if false と書いたところから#endif と書いたところまでがまるっともうコンパイルする時にコンパイルの対象にならなくなります。実際にやってみますね。これを実行してやると、このようにコンパイルの対象からこの 3 行が外されます。で、もう一度これを使いたくなったなという時には、ここの false になっているところをですね true に書き換えてやるだけで、これをストップしてこれを実行し直してやるとこのようにもう一度復活します。ですので、これをまた要らなくなったとかまた使いたくなったという時には、ここの部分を書き換えるだけで使ったり、使わなくしたり、ということができますので、非常に効率的に使うことができます。またですね アプリケーションをどんどんこう 開発していって開発を進めていく内に、例えば OS X と iOS のアプリケーションを同時に開発したいと思うことも出てくると思います。そうなった時に同じようなことをすることが出来てですね、例えば OS X だったらこちらの 3 行を使います、とで iOS だったら使いません、というようなことをする時にここにですね #if os() と書きます。 で これで iOS か、それとも OS X か、ということをチェックする準備が整いますので、ここにもしもこの OS がOS X だったらこれを実行してくださいねという こういうプログラムを書けるようになっています。これで 実行してみると、今は iPhoneのために実行していますから当たり前ですけど 実行されません。ということで ここの 3 行、この 3 つのですね、画像を追加する部分がまるっと省かれていることが分かります。勿論 iOS は iOS ですから、ここに iOS という風に入力してやると、今度は iOS の上で実行した時にこの 3 行がしっかりと使われるようになります。このようにですね、この #if というプリプロセッサの形を使うことによって、例えば iOS だったらこれをする、そして #else という風に書いて、そうでなければ ~ をするといったような場合分けをすることができます。このようなコンパイルの手法のことを条件付きコンパイルと言います。条件付きコンパイルを使うことで、様々なアプリケーションの動作を切り分けながら環境に応じたプログラムを書いて、適用させていくということができるようになります。 このレッスンでは、使用しないプログラムの一部をコメントアウトしたり、あるいは プログラムの一部を特定の条件下のみでコンパイルされるようにする方法を紹介しました。

XcodeによるSwiftプログラミング中級講座

このコースではSwiftのプログラミングに慣れてきた方を対象に、より効率的にXcodeを使い、プロジェクトを管理するためのさまざまなテクニックを紹介します。各レッスンではブレークポイントやプロファイラを使った便利なデバッグ方法や、条件に応じてコンパイル対象のコードを書き分けるやり方など実際のアプリ開発で使える実践的なテクニックを解説します。

3時間01分 (27 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年10月29日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。