XcodeによるSwiftプログラミング中級講座

以前のバージョンに戻す

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Gitを使って以前のバージョンに状態を戻す方法を解説します。
講師:
04:52

字幕

このレッスンでは、Git を使って以前のバージョンに状態を戻す方法について説明します。まず現在こちらの状態を見ていただきますと、Source Contorol の History を見ている状態ですが、このヒストリーにはですね、最初のコミット、それから2個の画像を使わないようにした二つ目のコミットがこのように記録されています。そしてここまで来た状態で、やっぱりこの2個の画像を使わないようにするべきではなかったというふうになったときにそれをどのようにして打ち消すのか、リセットするのかということについて、見ていきたいと思います。このような処理をする時にはXcode だけでは作業することができませんので、ターミナルの力が必要になってきます。ということでですね、Finder からアプリケーション、そしてユーティリティのターミナル、こちらのアプリケーションを検索していただきまして、このターミナルを、ダブルクリックで実行します。ちょっとわかりやすいようにフォントサイズをあげたいと思います。そしてこのようにターミナルを立ち上げましたら、ここに cd スペース と入力しまして、この cd スペース の横にですね、いま作業を行っているプロジェクトをドラックアンドドロップでそのフォルダを持ってきます。 離しますとここにそのフォルダのパスがですね入力されますので、これで 「Retuern」 キーを押してやるとこのフォルダに移動することができます。ターミナルの上でですね、コマンドを使っても Git の状態を確認することができますので、一度ここで git スペース log というふうに入力していただきますと、この git log のコマンドで、現在二つのコミットがここに行われているということが確認できます。では次に、2個の画像を使わないように、削除したというここのコミットをキャンセルする方法、リセットする方法を説明しましょう。ここのリセットを行う方法は、ズバリですねこちらのコマンドを打つしかありません。こちらに用意しました。git reset スペース--hard スペースHEAD そして ^ というふうに入力する方法。これをこのターミナルの上で入力していきます。入力しますね。git resetスペース --hardスペース HEAD^このコマンドですね、覚えないといけないのかというと、そもそも一つ前の状態にコミットをですね、一つ前の状態に戻したいというようなことというのは意外とそんなにありませんから、いざというときにこのコマンドをですね、知っていれば戻すことができるというくらいで、どこかにメモってもらってですね必要になったら引っ張りだしてくるというので構わないと思います。 覚えなくても全然大丈夫です。これをですね、「Return」 キーを押して実行してやります。そうすると、Head is now at 最初のコミットです。ということで、最初のコミットまで状態が戻りましたということが報告されています。では Xcode にもどって確認してみましょう。Xcode にもどって、現在の状態をみてみます。そうすると先程の2個の画像を削除しましたということで、下の方に sunset と violin というのがない状態から始まっていたんですがsunset と violin が今もどっています。そして画像もですね、sunset と violin の画像削除していたんですが、これがしっかりともどって以前のバージョンに、しっかりと全ての状態がもどっていることが確認できます。念のためにアプリケーションを実行してですね、本当にこの2個の画像がもどっているかと、全部で 6 つの画像が表示できるようになっているのかということを確認しますとちゃんと 6 つ画像がでるようになって下の方の sunsetそしてそのメモですね。そして、violin とそのメモとちゃんと表示されるようになっていることが確認できます。 ということで、ターミナルを使ってターミナルの上でこちらの git reset--hard スペース HEAD^とこのコマンドを打ち込めば一つまえの状態にいつでも状態を戻すことができるということを覚えてください。このレッスンでは Git を使って以前のバージョンに戻す方法について説明しました。

XcodeによるSwiftプログラミング中級講座

このコースではSwiftのプログラミングに慣れてきた方を対象に、より効率的にXcodeを使い、プロジェクトを管理するためのさまざまなテクニックを紹介します。各レッスンではブレークポイントやプロファイラを使った便利なデバッグ方法や、条件に応じてコンパイル対象のコードを書き分けるやり方など実際のアプリ開発で使える実践的なテクニックを解説します。

3時間01分 (27 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年10月29日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。