炎の妖精

髪のエッジを強調

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
3枚目のレイヤーに設定を変えたフィルターを適用し、レイヤーマスクの作成後に髪の部分だけ残すように加工します。
講師:
03:07

字幕

このレッスンでは、髪の毛の部分のエッジを作成します。それでは、この三枚目のレイヤーをオンにします。そうしたら、ここにまたフィルターからフィルターギャラリー、これを適用します。そうしたら、表現手法のエッジの光彩、これを適用します。ではこのパラメーターをこんな数字に設定してください。エッジの幅を 6 にしましょう。エッジが太くなりましたね。それでエッジの明るさ、これを 9 にします。全体的に細かいところも出てきます。そして滑らかさ、これを 10 にします。そうするとこんな感じになりました。ではこれでOKします。こんな見え方になりました。それではこのレイヤーに対して、レイヤーマスクを追加します。ではレイヤーマスクの追加のボタンをMac の方は Option キー、Windows の方は Ctrl キーを押しながらクリックすると、黒いマスクができて全体が見えなくなりましたね。そうしたら描画色を白にして、不透明度は 100% で結構です。そしてソフトなエッジですね、硬さを 0 にした状態でブラシを、直径をちょっと大きめにして、このレイヤーマスクの髪の毛の部分だけこのように塗っていきます。すると髪の毛だけさっき作ったエッジが出てきて、このように見えるようになってきます。 かなりひょこっと跳ねているので、ちょっと周囲も見えますけど、このように髪の毛が見えるようにしていきます。そうしたらこっちに加えて、反対側もありましたね、こちら側も髪の毛が見えるように、このように塗っていきます。このへんも出てますね。顔にかからないように、この辺は少し慎重に塗りましょう。このような形で髪の毛が、より明るいエッジで出るようになりました。こんな形で同じようにエッジを拾っているんですけど、それぞれ設定を変えることでこのように立体的で複雑な輪郭、これを作ることができました。

炎の妖精

Photoshopのさまざまな機能を活用すれば、何気ない写真を素材にしてまるで映画のポスターのような幻想的なグラフィックを作ることができます。このコースでは複数の写真から使いたい部分を切り取り合成するテクニックや被写体の輪郭の抽出、色を大きく変える操作や炎やパーティクルなどの合成、さらには被写体が光を放っているかのようなエフェクトの作成方法などについて学ぶことができます。

1時間11分 (13 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2015年10月29日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。