炎の妖精

カラールックを設定

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
色調補正を使い、一旦白黒にしてカラーを破棄した上でシャドウ、中間、ハイライトのバランスを調整して炎っぽい色に仕上げます。
講師:
07:10

字幕

このレッスンでは、全体のカラーリングを炎のような形に仕上げていきます。それでは、今この女性の部分ですね、元の画像が持っていた色ですね。エッジを抽出した時の色ですね。それがベースになってますけど、これを、最終的なイメージである炎のカラーに仕上げていこうと思います。それでは、色調補正を使って作業を行います。それでは、まず最初にこれですね、白黒これを適用して、元々持っている色をいったん無くしてしまいます。白黒を適用します。そうすると、ちょっと見えづらいのでこれ移動しますね、こちらの方で作業してみましょう。では、こちらですけど白黒もですね、この白黒を使うと、単純に色が無くなるだけではなく、元々持っていた、素材がどんな成分を持っているか、それをどれくらい出すか、ということで見え方が変わってきます。このスライダーを動かしてもいいですし、このプリセットを変えてやると、一口に白黒といっても、色々な見え方に変わっていきます。これ最終的に調整するんですが、とりあえず今、今の段階では単純に白黒にしただけで、一回止めておきましょう。ではこれを踏まえた上でもう一つですね、もってきます。では今度は、この天秤のアイコンですね、カラーバランス、これを適用します。 そうするとこれですね、カラーバランス、シアン寄りレッド寄り、マゼンタ寄りグリーン寄りとこういうの設定できるんですが、これを使って炎っぽい形を作っていきます。では最初にこの輝度を保持というやつですね、これ外しておきます。ではこの階調というところを開けるとシャドウ、中間調、ハイライト、暗いとこ、真ん中、明るいとこ、とあるんですけど、まずシャドウからいきましょう。ではまずシャドウのところで一番レッド寄りにします。もう色がついてきましたね。ではうっすらと色がつくくらい、これぐらいにしておきましょう。そうしたら、真ん中はそのままにして、一番下を思い切ってイエローよりに持って行くと一気に黄色っぽくなりましたね。こんな感じで色合いを作っていきます。では、次中間調ですね。そしたらここは、今度は、こっちの赤をぐっと上げてやるとさあどうでしょう、一気に炎っぽくなってきましたね。そして一番下を、やはり若干黄色寄りに持って行きます。さあ、かなり炎っぽさが増してきました。そしたら次ハイライトですね。明るいとこですけど、そしたら一番上そのままにして真ん中をですね、若干左の方に持ってきましょう。−30 くらいですかね。 そしたら一番下は、やはり黄色寄りに一気に持ってきます。これで基本形出来上がりです。この段階でも炎っぽいんですが、これがですねもう少しバランスを変えることによって、より燃えているような感じになります。そこで、先程のですね、白黒の方ですね。ここをまたダブルクリックして。今度は白黒の設定を出してきます。ではここをですね、調整していきましょう。まずレッド系ってとこですね、動かすとこんな感じに元々の素材の色を持ってる情報を元にして、明るくなったり暗くなったりしますので、ちょっと髪の毛のハイライトが目立ってきましたね。じゃあこれをまあ 210 くらいにしときましょう。次にイエロー系ですが、これを上げると、やはり髪の毛の部分ですね、特にこのへんがわりと黄色っぽい髪だったので影響しますね。じゃあこれも、まあ 230 くらいにしましょう。そして次グリーン系ですね。これは若干絞る程度、−10 くらいにしておきましょう。次シアン系ブルー系ですね。シアン系をうごかすと。特にシアン系効きますね。元の髪がわりと青っぽいところがあったので、これを大幅に上げてやるとさっきまでわりとおとなしかったのが、激しく燃えているような明るいとこですね、それがでてきます。 270 にしましょう。そしたら次にブルー系ですね。これもやはり大きく作用します。では、これも同じく270 まで持ってくるとかなり真っ白気味になるところがちらほらありますけど、これぐらいになると本当に燃えている、光を発しているといった感じになりますね。ではマゼンタ系、これも若干影響があるので、じゃあ 120 くらいにしておきましょう。こんな形でいいんじゃないでしょうかね。そしたらですね、元のイメージと比べてみましょう。元々こんな感じにいろんな色が混じっていて暗い感じだったんですが一回白黒にした上でカラーバランスですね、変えることでこんなふうに炎っぽくなりました。これやる時のコツなんですが、かけるのは白黒が先なんですけど最終的な調整ですね、今やってもらってわかった通り基本的なカラーバランスは変わってからのほうがやりやすいです。なので白黒をかけた上で、いったん微調整しないで、カラーバランスを調整して、最後に白黒の微調整をすると、そのほうがよりイメージを詰めやすいので、是非今のを参考にして作業してみてください。

炎の妖精

Photoshopのさまざまな機能を活用すれば、何気ない写真を素材にしてまるで映画のポスターのような幻想的なグラフィックを作ることができます。このコースでは複数の写真から使いたい部分を切り取り合成するテクニックや被写体の輪郭の抽出、色を大きく変える操作や炎やパーティクルなどの合成、さらには被写体が光を放っているかのようなエフェクトの作成方法などについて学ぶことができます。

1時間11分 (13 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2015年10月29日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。