Photoshopで作る絵画的イメージ

顔の特徴を変更

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
「ゆがみ」フィルターを使用し、目を若干大きく、鼻筋を若干スッキリさせるように、顔のパーツを微調整します。
講師:
02:58

字幕

このレッスンでは、顔の特徴を微調整します。それでは、ちょっと顔の部分をズームして顔の中のパーツをちょっとだけ調整してみましょう。それでは「フィルター」メニューから、「ゆがみ」を立ち上げます。さて そうすると、独自のインターフェースが立ち上がります。これでちょっとズームして、顔を大きく表示します。そしたら、様々な変形のツールがあるんですがまず、これを使ってみましょう。「膨張ツール」ですね。では、膨張ツールを選んだら、この「ブラシツールオプション」の「サイズ」を調整します。そして、ちょうど目がすっぽり入るくらいの大きさにしてみましょう。はい。これくらいですかね。そしたら、この目がすっぽり入るところで1 回だけクリックしてみます。すると、ちょっと目が大きくなりましたね。もう 1 回だけクリックしてみましょう。2 回クリックして、若干、目を大きくすることができました。じゃあ、こちらはですね。若干ブラシを小さくして、ここもクリックすることで、微妙に 目を大きく加工しました。それでは、今度はその上にある縮小ツールですね。さっきと逆です。これを選んで、この鼻筋の所をちょっとだけ抑えましょう。「サイズ」を調整して、今、鼻の上の方だけが入る程度にして、ではここら辺を1 回だけクリックしましょう。 はい。もう 1 回クリックしましょう。こんな感じでちょっとスッキリしましたね。調整したら「OK」をクリックします。そうするとあまり加工した感じはしないですが、目が大きくなって鼻筋がちょっとスッキリしました。元々の画像と比べると全体の大きさも変わってますけど実は、目も鼻もちょっと変わっているというわけです。こんな風に、この「ゆがみ」ツールをあまり大げさにやるとちょっと不自然になりますけど、このように微妙に使ってあげると、若干 顔の特徴をより強調して整えていくことに使うことが可能です。

Photoshopで作る絵画的イメージ

Photoshopのさまざまな機能を活用すると、まるでロールプレイングゲームのグラフィックのようなファンタジックな雰囲気に写真を加工することができます。このコースでは撮影されたRAWデータの最適化、人間の肌の質感を整えるテクニック、目や鼻や顔の輪郭などの修正、光やグラデーションの素材を使った演出、ブラシを使った特殊効果などについて学ぶことができます。

1時間13分 (18 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2015年11月02日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。