Photoshopで作る絵画的イメージ

肌の質感をきめ細かくする

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
肌全体の質感をなめらかにしたレイヤーを作成し、それを部分的に見えるようにすることで肌のきめを細かく表現します。
講師:
07:53

字幕

このレッスンでは、肌を滑らかにする処理を行います。それでは、人物の肌の質感を全体的に滑らかにしてみましょう。その前にこのシミ等を消した、レタッチしてあるレイヤーを下のレイヤーと結合します。このパネルのメニューから「下のレイヤーと結合」を実行します。そしたら 1 個になりましたね。では、これをまた「レイヤーを複製」します。そしたら、この複製したものに対して作業を行います。では、まず、「イメージ」の「色調補正」から「階調の反転」を実行します。するといわゆる、昔のネガフィルムと一緒ですね。反転した状態の画像となりました。ではこれを、この「描画モード」を変更して「リニアライト」を選んでください。するとこの時点では、変わらない状態ですね。ではここに、「フィルター」のメニューから「スマートフィルター用に変換」を実行しておきます。そうすると、このレイヤーがスマートオブジェクトになります。後からフィルターをかけたものが変更できるようになります。では その上で「フィルター」の「その他」から「ハイパス」を実行します。そうすると、このハイパスの値を変えるごとに、このように画像の見え方が変わってきます。こっちのハイパスの中身の方はこんな感じですけど、このように画像の中の特定の領域だけが出てくる、輪郭が抽出されるような機能なんですけどこれで半径を 24 ピクセルにしておきましょう。 こんな風にちょっとダブったような見え方になります。ではこれで「OK」します。スマートフィルターになっているのでこの値を後から変えることもできます。そして、ここでさらに「ぼかし」から「ぼかし(ガウス)」。これを 6 ピクセルでかけます。そうするとここでアップしてみると元々こういう質感だった肌が整った感じの質感になっていますね。ただし、このままだと不自然でそのままでは使えないですけどこれを素材とします。それでは、この作業したレイヤーにレイヤーマスクを作成します。このレイヤーマスクは今真っ白になってますけど、これを「属性」のパネルを開いて「反転」をクリックすると、マスクが完全に黒くなってこのレイヤーが見えなくなりました。では、このレイヤーマスクの上に白で描画することで、ちょっとだけさっきの滑らかになった質感が見えてきて、それと合わせて質感を整えるといった手法を行います。それでは、ブラシを選びます。ブラシを選んで、このエッジがソフトなブラシを選んでおきます。直径をちょっと大きめにしておいて、そしたら「不透明度」。これを 10% にします。そして、「描画色」ですね。これを白にします。そしたら、この状態でレイヤーマスクを選んでそしてこの肌のところをドラッグしてきます。 そうすると薄いので何回も何回も塗っているとどうでしょう。塗ったところが、細かいところが整ってきて肌のきめが整ってきます。はい、オン、オフしてみるとこんなに違います。ファンデーションを塗っているような感じですね。もうまさに、普通にお化粧しているような感じで細かいところがケアできます。こういった所もこれ位塗ってあげます。もう、使用前、使用後でこんなに違いますね。では、この辺もですね。もうちょっと塗っていきましょう。ディテールを残したい部分は行わないできめを整えたい部分だけ塗っていくことで、肌の質感を良くしていく事ができます。またこのブラシ等で、部分的に多めにしたり少なめにしたりとそういった使い方が出来るのも便利ですね。こういった所もこれ位塗ってあげると、だいぶん違いますよね。そしたら、おでこの方ですね。塗っていきましょう。一律に処理してしまうと全部極端に変わってしまいますけど、一律の処理を行ったうえでそれを部分的にかかるようにしてあげることで、より「良いとこ取り」の処理が行えます。だいぶん整ってきましたね。顔全体を見てみるともうこんなに違います。では首のほうも、若干やっておきましょう。そしてこの辺もですね。 胸元も多少やっておいて。では、こんな感じでどうでしょうか。はい、全体をオン、オフしてみると、使用前がこんな感じでしたけど、使用後はこんなに肌がすっきりと整いました。このテクニックは、様々な人物のレタッチに広く使えるので、ぜひとも覚えておいてください。

Photoshopで作る絵画的イメージ

Photoshopのさまざまな機能を活用すると、まるでロールプレイングゲームのグラフィックのようなファンタジックな雰囲気に写真を加工することができます。このコースでは撮影されたRAWデータの最適化、人間の肌の質感を整えるテクニック、目や鼻や顔の輪郭などの修正、光やグラデーションの素材を使った演出、ブラシを使った特殊効果などについて学ぶことができます。

1時間13分 (18 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2015年11月02日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。