Photoshopで作る絵画的イメージ

光の追加とコントラスト調整

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
色調整を行った光の素材を追加し、レイヤーマスクで範囲を調整した上で、トーンカーブでコントラストを調整します。
講師:
05:32

字幕

このレッスンでは、写真の中に光を合成します。それでは、このコースの素材の中からlight.psd という素材を開くと、こんな感じの光が暗い中に描かれている素材が出てきます。これをこっちに持ってきて、頭の上から光が降り注いでいるような感じを作ってみようと思うんですがまず、ちょっと下ごしらえしておきましょう。こっちの写真と光の色がちょっと合ってないですね。こっちは大分全体が青っぽい雰囲気ですけど、ちょっと赤っぽいような光なので、ここをちょっと修正してみましょう。そしたら、こちらの素材の方のファイルで「色調補正」から「色相彩度」これを持ってきます。そして色相を変えると、このように光の色が変わってくるので、こんな感じですね。写真の色に合うような、今、-134 という数字にしましたけど、こちらの雰囲気と合うような色に調整しておきます。そしたら、この色調補正が適応された結果をこちらに持ってきたいので、はい、この操作をやってください。まずは、全体を選択します。Mac の方は Cmd、Windows の方は Ctrl を押しながらA を押すと囲まれますね。そしたらですね、「編集」のメニューから「結合部分をコピー」とやると、今選んでいるレイヤーだけではなくてこの全体が、見たまんまのものがこのレイヤーが結合された状態でコピーされます。 これをこっちのファイルでCmd もしくは Ctrl + V を押すと、このように重なりますね。そしたら、このレイヤーに対して描画モードを「スクリーン」に設定すると、こんな感じで、光が合成されました。では、ちょっと人物に被りすぎているので、ここを調整しましょう。では、このレイヤーに対してレイヤーマスクを作成します。そしたら、レイヤーマスクの上ですね。ブラシを選んで、描画色は黒で、「不透明度」は 50% 位にしておきましょう。これで、この顔に掛かってもやっとなってしまった所をブラシで取り除いてあげます。はい。 そうすると人物がはっきりしてきますね。そして、上の方は削りすぎないで上に行くにしたがって光の影響を受けているような感じですね。こんな感じにすると、大分、人物もはっきりさせることができました。では、これに対してもう少し、全体の光を強調したいので、この上に「色調補正」の「トーンカーブ」これを重ねます。そしてこのトーンカーブの真ん中辺りを多少このように弓なりにぐいっと曲げてやると、光のメリハリが付きますね。ただ、これを行うとちょっと人物の顔もコントラストが上がってしまうのででは、この調整レイヤーの中のレイヤーマスクですね。 ここに対しても同じように、ブラシの描画色黒で、太さは 50% 位で、塗っていくことで、トーンカーブの作用を人物の上から取り除いていきます。このように、このレイヤーマスクは大変便利で単に画像を切り抜いたりするだけではなく、こうした効果を部分的にフェードさせていくということにも良く使えるので、ぜひ活用してくださいね。こんな所でしょうか。これも、オン、オフしてみると、大分、変わりましたね。これで、全体がちょっともやっとし過ぎていたのが引き締まって、光も目立ちますし、この雪もこうやって目立つ結果になりました。このような形で光を合成したので、この 2 枚のレイヤーを、1 個を選んだ状態で Shift キーを押しながらもう 1 個を選んで「レイヤーからの新規グループ」。これでまとめて、それでは、「光」としておきましょう。そうすると、 1 個にまとめることができます。このように光を加えて、全体のコントラストの調整が完了しました。

Photoshopで作る絵画的イメージ

Photoshopのさまざまな機能を活用すると、まるでロールプレイングゲームのグラフィックのようなファンタジックな雰囲気に写真を加工することができます。このコースでは撮影されたRAWデータの最適化、人間の肌の質感を整えるテクニック、目や鼻や顔の輪郭などの修正、光やグラデーションの素材を使った演出、ブラシを使った特殊効果などについて学ぶことができます。

1時間13分 (18 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2015年11月02日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。