Photoshopで作る絵画的イメージ

色の演出

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
グラデーション系の素材を重ね、レイヤーマスクでかかる範囲を調整することで、全体的に色の演出を行います。
講師:
03:53

字幕

このレッスンでは、画像に対して、色の演出を加えます。それではこちらの方に、color01.psd というものとcolor02.psd という2 つの素材ですね。このコースのアセットを開いています。これらを使って、この画像に、今全体の色合いは均一になっていますけれど、これにちょっと色を使った演出を加えてみようと思います。ではまず color01.psd を開いている状態で、移動ツールを使ってドラッグして、こちらに持ってきます。離すとこのように置かれるので、これはサイズが合うはずなのでピッタリ置いて、描画モードを「スクリーン」にします。すると、こんな感じになりました。無いときは全体の色の雰囲気が均一でしたが、これが、こっちの方にちょっと色のムラができてくるような、このような演出を行うことができました。では、ちょっと人物に被りすぎているのでここにレイヤーマスクを追加します。そしたらここを、ブラシを持って、描画色は黒で「不透明度」を 50% 位にして、この被りが気になる所ですね、ここを除去していきます。こういう効果も一緒くたに掛けてしまうのではなく、このように掛けたくないところはマスクしていくとより全体にメリハリが付いた感じになります。 やはり、この画像の肝となるのはこの人物の顔なので、そこになるべく余計なものが掛かってしまわないように、ただ、周りはこのように複雑で幻想的な雰囲気を掛けておくと、大分メリハリが利いてきますね。こんな感じになりました。大分違いますね。そうしたら同様に color02.psd の方も開いて、これもドラッグ&ドロップでこちらへ持ってきます。はい、そして描画モードですね。これを「スクリーン」にすると、暗い所ほどなくなっていきます。なのでこういう真っ黒な部分はなくなってしまって明るい所だけ残っていくので、こんな風になりますね。ではこれもレイヤーマスクを作って、同じようにブラシで不要な部分を取り除いていきます。こんな感じにしていくと顔の所は掛からなくなっていくので、これは画面の両方で大分違う雰囲気になっているので、かなり立体感がある雰囲気になっているかと思います。これで、こんな効果が付きました。こうした、一見これだけ見るともわっとした地味な素材なんですけれど、ちょっとした工夫でこのように色の演出に使うことができます。

Photoshopで作る絵画的イメージ

Photoshopのさまざまな機能を活用すると、まるでロールプレイングゲームのグラフィックのようなファンタジックな雰囲気に写真を加工することができます。このコースでは撮影されたRAWデータの最適化、人間の肌の質感を整えるテクニック、目や鼻や顔の輪郭などの修正、光やグラデーションの素材を使った演出、ブラシを使った特殊効果などについて学ぶことができます。

1時間13分 (18 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2015年11月02日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。