Photoshopで作る絵画的イメージ

カラールックアップの適用

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
全体の色やコントラストをまとめて調整できるカラールックアップの適用について解説します。
講師:
02:51

字幕

このレッスンでは、カラールックアップの適用について解説します。このような画像の全体の雰囲気を変える手法は、色々あるんですが、その中で 1 個お勧めなものとして、カラールックアップというものがあります。では、「色調補正」の中で、「カラールックアップ」という項目があるのでこれを適用してみます。適用しただけでは何も変化が無いんですが、ポイントとなるのが、この「3D LUT ファイル」というところです。LUT というのは LOOKUP TABLEという言葉の略なんですが、様々な画像ソフトや、動画編集ソフトで共通で使える色調整のための設定ファイルとして、ルックアップテーブルというものがあります。Photoshopは標準で、このような様々なルックアップテーブルのファイルを持っています。ここを開けば、Photoshop が標準で持っているものを開くことができますし、それに、他の保存されているものを読み込んで使うこともできます。とりあえず、今回は、プリセットで入っているものを何か適用してみると、上から行ってみると、このように、全体の彩度が抑えられて、カラーバランスも変わりましたけど、このように、掛けるだけで雰囲気が大きく変化していきます。 色もコントラストもまとめて、調整されるので、これを掛けるだけで、全く別の処理を行ったように非常に大幅に変わっていきます。例えば、こんな風に極端に色を変えてしまうこともできますし、元の色合いを残しつつも、雰囲気を大きく変えていく、またはこんな感じで、モノトーンでコントラストが高い、こんな雰囲気を作ることもできます。それでは、今回は、この中の「filmstock_50.3dl」というのがあるんですが、これを掛けてみます。そうすると、今は人物の所が、白飛びになっていますけど、この特に周辺のところ、色合いが若干深みを帯びて、コントラストが良い感じになっていると思うので、この filmstock_50 のルックアップテーブルこれを掛けた状態ですね。ここから、さらに加工を行っていきます。

Photoshopで作る絵画的イメージ

Photoshopのさまざまな機能を活用すると、まるでロールプレイングゲームのグラフィックのようなファンタジックな雰囲気に写真を加工することができます。このコースでは撮影されたRAWデータの最適化、人間の肌の質感を整えるテクニック、目や鼻や顔の輪郭などの修正、光やグラデーションの素材を使った演出、ブラシを使った特殊効果などについて学ぶことができます。

1時間13分 (18 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2015年11月02日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。