Photoshopで作る絵画的イメージ

ノイズ低減で肌をなめらかに

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
結合したレイヤーに「ノイズを低減」を適用した上で、レイヤーマスクを使って効果の度合いを調整します。
講師:
04:48

字幕

このレッスンでは、ノイズを軽減させる処理を行います。それでは、今ここまで作業した結果を1 枚のレイヤーにまとめてみましょう。では、 Mac の方は、Shift キーと Option キーと Cmd キーShift + Option + CmdWindows の方は、Shift キーと Alt キーと Ctrl キーShift + Alt + Ctrlその 3 つを押しながら、キーボードの E ですね。A-B-C-D-E の E を押します。すると、はい、今見えている状態が1 枚のレイヤーに結合されました。前のレイヤーは全部残っているので、これですね。後から戻ることも可能です。では、この状態で顔をズームして見ると、まだ、肌の部分に滑らかさが足りないので、これをもう少し滑らかにしてみましょう。そしたら、「フィルタ」メニューの「ノイズ」から「ノイズを軽減」というのがあるので、これを実行します。そしたら、「強さ」を最大の 10 にして、その他の 3 つのスライドは全部 0 にして、この状態で「OK」します。そうするとこんな感じになって、比較すると、大分、ノイズが滑らかになりましたね。ただ、もう一歩滑らかにしたいんですけど、あんまりやりすぎると、今度は、くっきり出したい部分も、ちょっとソフトになりすぎます。 なので、部分的に限定して、解除できるようにしておきましょう。では、このレイヤーを右クリックして、「レイヤーを複製」これを実行します。レイヤーを複製したら、また「フィルター」の「ノイズ」から、「ノイズを軽減」を実行して、同じで構いませんので、「強さ」は 10 ですね、他は0 で、 実行します。そうすると肌はかなり滑らかになりました。ただちょっと、目なんかがソフトになり過ぎているので、これを前と比較するとこんな感じですけど、部分的に、下の、一段階目のものが見えるようにしようと思います。では、2 個目のレイヤーに、レイヤーマスクを作成して、描画色は黒です。そしてブラシを選んで、「不透明度」は 50% 位でやりましょう。そして、ブラシサイズはちょっと小さめにして、これでレイヤーマスクを目玉の部分等に塗ってやると、目のシャープさが、ちょっと戻ってきます。睫毛もはっきり見えるようにして、そしたら、こっちの目も処理して、くっきりと見えるようにしましょう。そしたら、鼻も多少はっきり見えるように微調整して、そして、唇の部分もクリアに見えるようにしておきましょう。こんな感じに顔の主要なパーツがはっきり見えるようになってくると、大分、印象が変わってきます。 こんな雰囲気で、肌全体が大分、滑らかになりましたね。全体にソフトな雰囲気を出しつつ、目や唇などのポイントは、くっきり見えるという状態ができました。では、Shift キーを押しながら、こっちのレイヤーもクリックしてまとめて選んだら、右クリックして「レイヤーからのグループ」。これを実行します。では、ここは「ノイズ処理」と入れておきましょう。これで 1 つのグループにまとまりました。はい、このように、全体の質感を滑らかにすることができました。

Photoshopで作る絵画的イメージ

Photoshopのさまざまな機能を活用すると、まるでロールプレイングゲームのグラフィックのようなファンタジックな雰囲気に写真を加工することができます。このコースでは撮影されたRAWデータの最適化、人間の肌の質感を整えるテクニック、目や鼻や顔の輪郭などの修正、光やグラデーションの素材を使った演出、ブラシを使った特殊効果などについて学ぶことができます。

1時間13分 (18 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2015年11月02日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。