風力発電所の危機!

色の違う雲を追加

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
空の部分に、さらに色の異なる雲と空の写真を配置し、レイヤーマスクをペイントすることでなじませて合成します。
講師:
05:54

字幕

このレッスンでは、さらに他の雲を合成していきます。はい、それではですね、こっち側の空の方に別の雲も合成してみましょう。では「ファイル」メニューの「開く」から、cloud02.jpg ですね。これを開きます。そうして読込ですけど、カラープロファイルですね。これはドキュメントのカラーを作業スペースに変換おt.これで OK します。はい、そうしたらこんな空ですね。はい、そうしたら移動ツールを使って、ドラッグしてこっちのタブまで持ってきます。はい、そうして適当なところにまず置いてみましょう。そうすると、こんな感じですね。今この山のレイヤーの 1 個後ろですね、そこに置いてあります。そうしたらですね、ちょっとこれ、不透明度、80% ぐらいにしておきましょうかね。ちょっと下が透けるくらいですね。こんな感じにしました。そうしたらこれをですね、横位置はおおむねこれぐらいでしょうかね。持ってきて、で、縦はですね、ちょっと拡大しましょう。ちょっと雲が細いので、このように下にドラッグして拡大します。ちょっともわっとした素材なので、これぐらいですね、拡大してもあまり画像の荒れは気にならないかと思います。こんな感じで配置します。ダブルクリックですね。 そうしたらですね、このレイヤーなんですけど、こっちの前からある雲ですね、これの 1 個後ろにドラッグして移動しましょう。はい、そうしたら、この大きな雲のレイヤー、ここにレイヤーマスクが作ってあるので、これをですね、調整することでなじませていこうかなと思います。では、ブラシですね、これを選んで、描画色は黒。そしてブラシの不透明度はですね、ちょっと薄くして、慎重に作業をしようかなと思います。30% ぐらいにしておきましょう。そうしたら、この 30% のですね、ブラシで、レイヤーマスクを作業していくと、こんな感じに、フェードする感じにですね、作っていくことができます。はい、そうすると、ブラシのですね、不透明度があるので、何回か塗らないと完全には出てこないですけど、こんな要領で、なだらかにですね、雲が変化していくような様子を作ることができます。この辺はですね、もっと下を出してしまいましょう。はい、また逆にですね、これは描画色白にしてやるとこのように復活することもできるので、適宜ですね、場所によって切り替えてやると、立体感のある雰囲気を作ることが出来ます。はい、もう少しですね、これの方も切り込んでいって、大分馴染んできましたね。 この辺も若干このようにして、もしこのように粗が出てしまったら、今度は、逆に描画色を白にして、戻していってやれば馴染みますね。はい、これで空の部分が大分全体的に馴染んできたかなと思います。はい、そしてですね、Mac の方は Option キー、Windows の方は Alt キーを押しながら、このレイヤーマスクをクリックすると、レイヤーマスクだけを表示できるので、どんな感じに塗ってあるかなということですね。これを実際に確かめることもできます。おおむね馴染んだ感じになってきましたね。はい、そうしたら、この地面にかかっている部分なんですが、ここはこっちのレイヤーマスクではケアできなくて、この、雲のですね、ここにもレイヤーマスクを作ってやって、はい、そしてここですね、直に塗っていきます。今度は不透明度をちょっと上げてやって、一気に塗っていきましょう。はい、地面が出てきて、はい、こんな形で地面が戻りましたね。はい、そうすると、空の部分ですね、さらにこうちょっと違った、色の雲も出てきて、非常に立体感のある雰囲気となってきました。

風力発電所の危機!

Photoshopのさまざまな機能を活用すれば、実際には撮影できないような衝撃的な光景を複数の素材を組み合わせて作成することができます。このコースでは複数の画像を使った背景の作成、3DCGソフトで作成した素材の合成、雲の写真を素材に竜巻を作るような高度な加工、画像全体のトーン調整、ブラシを使った細やかなレタッチなどについて学ぶことができます。

2時間07分 (26 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年11月04日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。