風力発電所の危機!

シャドウ側を暗くする

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
トーンカーブの調整レイヤーを使って明るさを調整した上で、レイヤーマスクを加工して竜巻の片側に影が出来ているように調整します。
講師:
06:47

字幕

このレッスンでは、竜巻に影をつけて、立体感を演出していきます。はい、それではですね、この竜巻にちょっと影をつけてみようと思います。ではまずですね、影なんですけど、これを使います。色調補正のトーンカーブ。これをクリックして、一番上にトーンカーブの調整レイヤーですね。これを作っておきます。そうしてこのままでは背景も含めて全体にかかってしまうので、この属性のウィンドウの下のところですね。このボタンをクリックして、この竜巻のレイヤーにクリッピングしておきます。はい、これでですね、この竜巻だけに効果がかかるようになりました。では、このカーブですね。まずこの RGB のモードで、真ん中あたりをドラッグして、こんな感じにちょっとですね、弓なりになるようなこんな感じにしてみましょう。全体が暗くなりましたね。そうしたらちょっと色も調整したいので、グリーンのチャンネルにした上で、この反対方向にちょっとだけ、微妙に動かします。本当に少しですね。ブルーのチャンネルも、左上の方にほんのちょびっとだけ。動かしてやります。そうするとこっちの山とかと色がちょっと近くなりましたね。はい、ではこれで、基本的な色調整ですね、出来上がりました。 そうしたら今全体が単に暗くなっているので、これをですね、調整しましょう。まずこのですね、トーンカーブのこのレイヤーマスクがありますね、これをこの属性のパネルで開きます。こう選ばれている状態で属性のパネルを開きます。そうしたら、反転をクリックすると、レイヤーマスクが真っ黒になって、そして効果は見えなくなりますね。そうしたらちょっと拡大してやって、この状態でブラシを持ちます。そうしたら描画色は白にして、はい、じゃあ不透明度をですね、30% くらいにしておきましょう。はい、そうしてブラシですね。エッジがソフトなブラシでちょっと大きめにしておいて、これでですね、こっちの左側の方だけ、影を作りたい方だけですね、この辺だけ塗ってみると、そこだけ調整レイヤーの機能が働いて、影ができる感じになります。こんな具合ですね。何回か塗っているとちょっと濃くなりますね。はいじゃあちょっと上の方も、このようにして、半分だけ効果がかかるようにですね。はい、そうすると、大分、立体感がですね、出てきたかなと思います。でですね、これ、調整レイヤーでできているので、ここのですね、アイコンをダブルクリックすると、こっちの内容の表示に行くので、ここでこのカーブを編集してやれば、さらに暗くしたりとかこんなふうにですね、後から変えることもできます。 ちょっともうちょっと暗めの、このぐらいにしておきましょう。はい、そうしたらですね、こっちの左の端のほうですね、ちょっとどうしても暗くならない部分があるので、ここは見えないようにしてしまいましょう。では、竜巻本体のレイヤーマスクですね。これを選びます。はい、そして、今度は描画色を黒にして、で、ブラシを選んで、もう少し不透明度をあげますかね。50% くらいにして、はい、そうしてですね、このエッジの部分ですね、ここらへんを塗っていくと、このようにですね、ソフトに消すことができます。はい、もう少し上の方もですね。この荒っぽい部分を消していくと、はい、ソフトな感じになってきますね。これでちょっとですね、削りすぎかなというところは、今度は逆に白のブラシで反対方向からなぞってやると、もう少しですね。復活させることもできます。はい、こう互いにですね、調整していって、ちょうどいいような形にしていきます。はい、こんなふうに、塗ってやるとですね、何もしていない時にはのっぺりとしていた竜巻がですね、陰影がついて、大分立体感が出てきました。これで、あれですね、円筒形に渦巻いているような雰囲気を出すことができました。

風力発電所の危機!

Photoshopのさまざまな機能を活用すれば、実際には撮影できないような衝撃的な光景を複数の素材を組み合わせて作成することができます。このコースでは複数の画像を使った背景の作成、3DCGソフトで作成した素材の合成、雲の写真を素材に竜巻を作るような高度な加工、画像全体のトーン調整、ブラシを使った細やかなレタッチなどについて学ぶことができます。

2時間07分 (26 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年11月04日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。