風力発電所の危機!

砂ぼこりの描画

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ブラシを使って竜巻の根本に砂ぼこりが舞い上がる様子を描画し、より躍動感ある場面を演出します。
講師:
04:13

字幕

このレッスンでは、新たに砂煙を描き足します。はいそれではですねこの竜巻の根元の所ですね、この辺に舞い上げられた砂煙ですね、そういったもの 描き足してみましょう。ではまずですね、新たにレイヤーを作ります。はい新規のレイヤーを一個作りました。そしたらここにですね、ブラシで描いてくわけなんですけど、はいブラシを選んでそしてこのボタンを押します。そして ブラシプリセット ですね。ここの中に色々なブラシが入ってますので、はいちょっと下の方に行って右側の列のですね、この大きさ 312 と書いてあるこのブラシ、これをクリックして選びましょう。はいそしたらですね、このもわっとしたブラシで描画色をですね、まずこの色相を調整してこの黄色っぽいとこに持ってきます。そしてそれの薄い色ですね、はいまあここら辺の砂がちょっと埃っぽく舞い上がったような色にするので、この同系色の色にします。で OK します。はいそしたら不透明度ですね、これをちょっとぐっと下げて5% ぐらいにしときましょうかね。はいそしてブラシサイズちょっと小さめにして、150 にしときましょう。はいこの状態でこのですね竜巻の辺りをちょっと塗ってみると、はい かなり砂煙っぽいものが出てきましたね。 はい あまり多くなりすぎない程度にこのように周りに足してやります。中の方はちょっと濃くですね外側は薄くと、はいやってあげるとオン、オフするとですね、はいこんな形で、ないよりもあったほうがかなり雰囲気出ますよね。はいこれで 一つ出来ました。ちょっと仕上げでですね、はい適当にむらを作ってやるとより埃っぽくなります。でこれが一種類ではちょっとですね寂しいのでもう一種類作ってみましょう。ではまたレイヤーですね、もう一個作ります。はいそしたら今度は描画色、じゃあ今度は黒にしちゃいましょう。そして不透明度も少し多めにして20% ぐらいにしておいてですね、そしてブラシの直径もまあ 300 ちょっとぐらいですね300 今 28 になってますけど、それぐらいにしておきます。さあこれであまりいっぱいあるとおかしくなるので軽くですね、まずこのへんで一回クリックしてみるとはい微かに出来ましたね。何回かぱらっとクリックしてやると、はい このようにですね、違う埃も飛び散ってるように見えますね。じゃあこちら側もちょっと別パターンで何度かクリックします。さあこのような形で埃が出来ました。さあちょっと引いて見るとですね、はい 何にもないときは竜巻だけがぽこんとあったのが、はい 砂煙と黒っぽい埃ですねこれを描き足すことで一気に雰囲気が深くなりました。 はい引いても大分違いますね。ここにより動きを感じさせる様子を加えて、はいこれですね根元の描画が終わりました。

風力発電所の危機!

Photoshopのさまざまな機能を活用すれば、実際には撮影できないような衝撃的な光景を複数の素材を組み合わせて作成することができます。このコースでは複数の画像を使った背景の作成、3DCGソフトで作成した素材の合成、雲の写真を素材に竜巻を作るような高度な加工、画像全体のトーン調整、ブラシを使った細やかなレタッチなどについて学ぶことができます。

2時間07分 (26 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年11月04日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。