ActionScript 3.0による3次元表現の基礎

三平方の定理

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
2点間の距離は、三平方の定理で求めます。
講師:
03:39

字幕

座標を扱う時によく行われる計算の1つに 2 点間の距離を求めるというものがあります その場合には三平方の定理を使います その三平方の定理の 計算式と それから ActionScript 3.0 の Math クラスを使った 計算方法についてご説明します 三平方の定理は ピタゴラスの定理とも呼ばれます 2 つの点があった時 1 つを X1 Y1 もう 1 つを X2 Y2 としましょう その時に この 2 つの点の間の距離 この黒い直線ですね この直線を三平方の定理を使うと 求めることができます 三平方の定理を使うには x 座標同士 y 座標同士の 先ず差を求めます つまり X1 - X2 と Y1 - Y2 を それぞれ求めます そうすると この直角三角形を考えた時に 底辺が x 座標の差になります そして高さが y 座標同士の差です そうすると三平方の定理と言うのは 底辺の 2 乗と 高さの 2 乗を足すと 求めたい斜辺 この黒い直線の 2 乗になると言う定義です すると斜辺 2 点間の距離は X1 - X2 の 2 乗と Y1 - Y2 の 2 乗を足して それが この斜辺の 2 乗な訳ですから その平方根ルートを 取れば良いと言うことになります これが三平方の定理から求める 2 点間の距離です この三平方の定理に基づいて ActionScript 3.0 の Math クラスのメソッドを使うと 求め方はこうなります 先ず x 座標同士 差の 2 乗をそれぞれ変数に取ります 2 乗を求める時には Math.pow power の略なんですけれども 何の何乗と所謂 累乗を求めるメソッドです 第 1 引数が 累乗される 何乗されるという数ですね ですから X1 - X2 Y1 - Y2 をそれぞれ 第 1 引数に渡します そして第 2 引数は 何乗するのか 今回は 2 乗ですから 2 を入れています それらをそれぞれ Number 型の変数に入れています sq というのは square 平方の略で使っています そして x 座標同士の差の 2 乗と y 座標同士のその 2 乗 変数に入れた値をそれぞれ足し込んで 平方根を取ります この時使う Math クラスのメソッドが Math.sqrt square root 平方根の略です これで 2 点間の距離が変数に入ります ActionScript 3.0 を使った 2 点間の距離の求め方をまとめましょう この時使うのが 三平方の定理ピタゴラスの定理です 求め方は先ず x 座標同士 y 座標同士の 差の 2 乗を取ります その時 Math.pow というメソッドを使います これで差の 2 乗がそれぞれ X Y について変数に入ります 次に その 2 乗同士を足して 平方根を取ります 平方根を取るのは Math.sqrt square root 平方根のメソッドです これで変数に距離が入ります

ActionScript 3.0による3次元表現の基礎

このコースではActionScript 3.0の基礎を学んだ人を対象に、3次元空間を使ったオブジェクトの動かし方について学習します。ActionScript 3.0の3次元を扱うクラスの扱い方を説明するとともに、その基礎となる数学や物理の考え方についても解説します。

3時間53分 (29 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。