風力発電所の危機!

発電機に文字を合成

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
発電機の機体に文字を合成し、Vanishing Pointで角度を合わせた後、質感が馴染むように微調整を加えます。
講師:
07:28

字幕

このレッスンでは、発電機に文字を合成します。はい 現在の状態なんですけど、ここにですね色々もう合成してあります。例えば遠くの方にも 羊がいますね。これなんですけど、素材の中のはい「sheep02.CR2」ってのがありますね。はい これも raw ファイルなので開くとですね、少し 遠くの方にまで羊がいるような画像になってます。なのでその中からですね、適当なものを持ってきて頭数を増やしてやります。そしてこっち犬がいますけど、犬は「dog.CR2」ですね。元々大きい犬なんですけど、これもやり方は同じですのでコピペして 再度縮めてるだけですね。はいそしてこっちの方に唖然としてる羊飼いのおじさんがいますけど、これはですね「shepherd_mask」というPhotoshopファイルになっています。これはもう切り抜かれているので、移動ツールでメインに持ってきて置いてリサイズすればそのままですね使える状態になってます。はいこんな風にですね、周りに動物や人を配置するとドラマ性が出てきますね。はいそしたら今度はこの発電機にですね、ちょっと機種名ですね、はいこの 文字を合成してみようと思います。では まずですね、最初に 普通にテキストツールを使って文字を打ちましょう。 では 場所どこでもいいのではい では「Aiolos」とこれメーカー名ですね。はい 今120 px ですね。フォントは「HelveticaBold」というのを使って120 px で赤で打ちました。はい、こんな感じで文字は自分の好きなもの使っても結構です。はい そしたらですね、この文字のレイヤー選んでる状態で一回コピーします。Mac の方は Cmd を、Windows の方はCtrl を押しながらA を押して全体を囲って、そしてCmd もしくは Ctrl C を押してコピーします。ではこの状態で一回、目玉クリックしてこれ見えなくしておきます。では選択範囲を解除するので、Cmd もしくは Ctrl D を押します。はい そしたらこの状態で新たにレイヤーを一枚作ります。空のレイヤーですね。一番上に作ります。ではですねここに対して「フィルター」の「Vanishing Point」というのがありますのでこれを実行します。そうするとこの専用の画面になります。「Vanishing Point」なんですが これはですね、この 映像の中ですね画像の中に特定の角度の付いたですね平面を設定して、そこにあった形で貼り付けを行えるというそういったツールになってます。 では今回この面に文字を張り付けたいので、はいここがですね 面として認識できるような四角を作ります。じゃまず、この分かりやすい角を一回クリックします。はいそうするとポイントが出来て線が引き出されます。そしたらこんな感じですね。ちゃんと辺に沿うようにして角が丸いですけど、角の場所に 当たるような所でもう一回クリックします。はいそうするとまた線が出てきますね。そしたらまたこの角の所でクリックします。はいそうすると3 点つくともう 4 つ目ですね、こう四角に囲まれた状態がでてきます。ではこんな感じで持ってきて、こう壊れてしまってないですけどこれだと分かりやすいですね。はいこの辺がちゃんと沿ってるような形ではい 四角形になるようにしてクリックします。はいそうすると こんな感じで面が設定されました。ではここにですね、Cmd もしくは CtrlV を押します。するとはい さっきの文字がここに貼り付けられました。そしたらですね、これをドラッグで動くのでドラッグしてさっきの四角形の中に持ってきます。するとはい こんな形で角度にあった形になりますね。ただ今これちょっと寝てしまっているので、はい ではこの状態でですねCmd もしくは Ctrl を押しながら T を押しましょう。 はいそうすると、これが調整できるようになっているのではいこの角の所ですね、ちょっと外側にポインター持って行って回転させます。そしたら 位置も変えてですね角度も調整してみます。はいこうするとですね、この面に沿った歪みが文字にちゃんと加えられるというわけですね。はいではこれで「OK」します。はいそうするとここに 文字がですね、はい 合成されました。ただこの状態では文字が綺麗すぎてしまっていかにもですね、後から打ったみたいな感じになるので、まず下地が見えてないとおかしいですね。はい こういった時にはこの「Vanishing Point」のレイヤーの描画モードを変えるとですね下と馴染みます。はい このような形で描画モードを変えると、様々なものに変わってくわけなんですけどではですねこれ「乗算」に設定します。するとですねこの黒っぽい所ですね、この明るい色よりも黒い所は前に出てくるといった形で質感がちょっと出せます。ではさらにこれ「不透明度」ですね下げていくと、より下のですね 質感が見えてきます。はい でこれではまだはっきりし過ぎているのでこれに対してですね、「フィルター」の「ぼかし」から「ぼかし(ガウス)」これを実行します。そして周りとですね馴染む程度にぼかしをかけてあげます。 こんなもんでしょうかね。はいそして「OK」してやるとはいこんな形で多少ですね馴染んだ形となりました。 元々これにペイントしてあったような感じですね。はい これで、このですね発電機に文字を合成することができました。

風力発電所の危機!

Photoshopのさまざまな機能を活用すれば、実際には撮影できないような衝撃的な光景を複数の素材を組み合わせて作成することができます。このコースでは複数の画像を使った背景の作成、3DCGソフトで作成した素材の合成、雲の写真を素材に竜巻を作るような高度な加工、画像全体のトーン調整、ブラシを使った細やかなレタッチなどについて学ぶことができます。

2時間07分 (26 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年11月04日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。