風力発電所の危機!

空の質感を調整

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
大きなサイズの雲のレイヤーに対し、Camera RAW Filterを使って質感を強調して空の雰囲気をアレンジします。
講師:
02:35

字幕

このレッスンでは、空の質感をアレンジします。はい それではですね、この機体のロゴに使った文字ですねはい これはもう要らないので、このレイヤーはゴミ箱にドラッグして消してしまいましょう。はいそしたらですね、空の質感をちょっと詰めていこうと思うんですが、特にこの大きい雲ですねちょっと目立つんですけど、もう少し印象的でしかもこの辺が馴染んだ感じにしたいので、はい ちょっと調整していきましょう。では背景のグループを開けて、その中にあるこれですねここの雲のレイヤーですねはいここに対してもう少しですね質感を強調したいので、はい今回は「フィルター」から「Camera Raw フィルター」ですね、これ使ってみましょう。「Camera Raw フィルター」を適用します。そして色んな項目がありますけど、「明瞭度」これをですね目一杯上げてやるとかなりこの雲のディテールの部分が出てきます。拡大するとちょっとノイズが目立つんですけど、元々がですねちょっともわっとしたものなので はい実際のサイズにすれば それほど気にならない感じですね。ではこれを「OK」すると、はい 雲の質感がハードになりましたね。ちょっと 使用前、使用後 見てみるとこれぐらいだったのが、はい 雲のディテールが出てより悪天候の感じがでてきました。 ただここは立体感が出たらちょっとこの穴の部分浮いてしまいましたね。なのでこれも微調整しましょう。では この竜巻のですねグループここで はい穴の部分のレイヤーですね、これを選択します。そして不透明度ですね、これ調整することで馴染み具合を変えられるので、もう少し自然に馴染むような感じにします。はい こうするとですね、大分バランスもとれてきますね。さあこんな形で、より雲の質感をですね強調して、周囲ともですね馴染ませることも出来ました。

風力発電所の危機!

Photoshopのさまざまな機能を活用すれば、実際には撮影できないような衝撃的な光景を複数の素材を組み合わせて作成することができます。このコースでは複数の画像を使った背景の作成、3DCGソフトで作成した素材の合成、雲の写真を素材に竜巻を作るような高度な加工、画像全体のトーン調整、ブラシを使った細やかなレタッチなどについて学ぶことができます。

2時間07分 (26 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年11月04日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。