風力発電所の危機!

全体のトーンを調整

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
「グラデーションマップ」を適用して画面全体のトーンを任意の色合いに調整し、より深い雰囲気を作成します。
講師:
03:44

字幕

このレッスンでは、画面全体のトーンを変化させます。はいそれではですね、これで画像の内容自体レイアウトは終了ですね。最後に今これカラフルな状態ですけど、これをですねもう少し統一された作り込んだトーンにして、全体の雰囲気をですね出していこうと思います。はいそれでは「色調補正」の中から、これですね、「グラデーションマップ」これをまず適用してみてください。はいそうすると、いきなりこんな感じに黄色くなってしまいます。はい グラデーションマップなんですが、この 画面の中ですね暗い部分から明るい部分にかけてどんな色を割り当てるか、これをですね、設定できる調整レイヤーですね。ここでデフォルトで入ってくるこれだと、一番暗い所は真っ黒になって、一番明るい所はこの真っ黄色になると、そんな設定ですね。で ここクリックすると、こんな色んなグラデーションのパターンを 選べますので、例えば白黒にするとモノクロになりますよね。逆にカラフルなものにするとはいこんな風にサーモグラフィーみたいになります。ここらへんですね切り替えるものによって雰囲気が大きく変わります。はい、ではですねこれ直接かけるともう完全にこのグラデーションに支配されるんですが、この調整レイヤーの描画モードを変えると見え方が変わってきます。 ちょっと色々変えてみると、それぞれ雰囲気が違いますよね。はい 演出によって使い分けられる感じなんですが、今回はこの「ソフトライト」これにしましょう。そうするとですね元の色が完全に失われることなく引き継がれた形でさらにトーンをですね、調整することができます。これだとちょっと強すぎるので不透明度グラデーションマップの不透明度を半分ぐらいにしましょうかね50% ぐらいにします。はい そしたらここをダブルクリックするとグラデーションマップの設定が出てくるのではい、このグラデーションの部分ですねクリックしてこっちの方青っぽい所をちょっと別の感じのこういう感じのですね茶色っぽいのに変えてあげましょう。これいじってあげるとメインの画面も変わりますね。ではちょっとこれぐらい締まった感じにしてこれで「OK」します。このオレンジのグラデーションですね。はいそうすると画面がこんな渋い雰囲気になりました。はい これはこれで青っぽいのも良いですけど、よりですね砂漠感と悪天候感が出てきますね。かなりドラマチックになったかと思います。はいこんな風にですねレイアウトが終わった後も軽く こうして調整レイヤーを一個加えるだけで雰囲気がガラッと変わってきますね。 こうしたところが仕上がりの作業に大きくなってきます。はい もちろんですね、この描画モード変えると、色々と雰囲気が変わってきますし、また不透明度もですねもちろん作用します。そしてグラデーションを変化させても作用しますね。是非ご自分でも、様々なパターンを試してみてください。

風力発電所の危機!

Photoshopのさまざまな機能を活用すれば、実際には撮影できないような衝撃的な光景を複数の素材を組み合わせて作成することができます。このコースでは複数の画像を使った背景の作成、3DCGソフトで作成した素材の合成、雲の写真を素材に竜巻を作るような高度な加工、画像全体のトーン調整、ブラシを使った細やかなレタッチなどについて学ぶことができます。

2時間07分 (26 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年11月04日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。