ビデオ編集の基礎と実践

編集者の役割

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
映像制作を行う上で、何人ものスタッフによる分業上において編集者が担う役割について解説します。
講師:
05:20

字幕

このレッスンでは、編集の役割について解説します。はい、映像を作る時ですが、まず必要になるものの一つに「脚本」が挙げられます。いきなりですね、映像を作り始めるのではなく、まず脚本を作った上でもしくは脚本からさらに発展させた絵コンテなどを元にして映像の素材を撮っていく、それが一般的なスタイルとなります。これはドラマや劇映画に限ったことではなく、例えばドキュメンタリーなんかでも大まかにこんな流れにしようかなという脚本ですね、それを作って、それに沿って取材をするということはあります。はい、そして脚本に沿って「撮影」ですね、実際の映像を収録していくという作業が必要になります。はい、そして撮影が終わったらその素材を元にして「編集」が行われますね。そして最終的にまとまった一つの映像作品が完成する、という流れになります。これらは一人で全て行うことも可能ですし、ちょっと規模の大きなプロジェクトになってくるとそれぞれの専門家が分業して行うというのも一般的になっています。そして分業体制で作業をするということは、例えば、脚本であれば脚本家のビジョンですね、それが大きく反映されてきます。そして撮影段階では監督であったりとかカメラマンのビジョンがやはり大きく介在してきます。 そして編集段階では、編集を実際に行う編集担当者のビジョンも介在してきます。どうしても複数の人間のビジョンが入り乱れるということになります。それらをまとめ上げた上で、当初のですねビジョンに一番近いものに仕上げていく。それが編集担当者の役割ということになります。一つの映像作品が出来るまでにはですね、これだけ様々な人であったりとかまた行程が入ってくるという状況になっています。それを最終的に形にするのが編集者の役割です。撮影を行って様々な素材が溜まってですね、そしてそれを最終的にどのように並べていくか、その並べ方一つで最終的な完成形が変わってしまうので、もちろん脚本に沿うわけですがその脚本の解釈が非常に大事になってきます。上に出ている画像はですね、Premiere Proで編集を行っている途中の画面の一部を切り取ったものです。編集とはそれぞれの素材をですねどのようなタイミングで出すか、そしてそれぞれどれぐらいの配分にするかですね、それを時間軸上でコントロールしていくそれこそが編集という作業と言うことができます。この画面では、左から右に向かって時間が流れています。そしていくつもの段になってるこの部分、トラックと言いますが、この部分が映像の素材が並んでるビデオのトラックですね。 例えばここだと下に並んでいるのがメインの映像で、その上にはテロップがかぶっている。そういった視覚に関する項目が並んでいます。そして、下は音声ですね。例えばこっちはカメラのマイクの音声で、そして下には BGM が敷かれているとそんな感じにですね、複数の素材がどんなタイミングで出されてどのような配分になっているか、これこそがですね編集の作業のほとんど全てと言っても過言では無いと思います。こうしてタイミングと配分を決めていくときにはどれぐらいですねルールに従うか、そして時にはルールから外すかという所が大切になってきます。あまりにですね全体的に法則性がなく行き当たりばったりで編集していると所謂ばらつきの多い素人っぽい動画になってしまいます。いわゆるプロっぽい動画にするには、それが明文化されているかどうかには関わらずある程度のルールに従って編集するのが大切となります。ただし、あまりにですね杓子定規にルールにはめてしまうのもちょっと退屈な動画になりやすくなってしまうので、時にはですね、従うばかりではなくどれぐらい外すかそれも重要な要素となってきます。どれだけルールに従うか、また時に外してみるか、その配分は編集者のセンスに依る部分が大きくなってきます。 さあ、編集作業の上でのポイントですが、素材をですねどんなタイミングとどんな配分で構築していくか、そしてどれぐらいルールに従うか、時にはルールから外すか、ですねこういった部分は最終的な作品の完成度ですねそれにかなり大きく影響してくる部分です。ちょっと関連的な話ではあるんですが、実際に作業を行ってみると実感を伴える部分もかなり多いので、是非とも念頭に置いた上で編集にチャレンジしてください。

ビデオ編集の基礎と実践

過去の映画やビデオなどで積み上げられてきたさまざまな編集のセオリーは、今日のネット動画の編集においても多数応用できるものがあります。このコースでは過去の名作映画を素材に、編集技法の基礎や編集者の役割、カメラやレンズの動きの種類やドキュメンタリー編集の実践テクニック、サウンドデザインなど編集に関する基本的な知識をひと通り学ぶことができます。

3時間02分 (29 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年11月09日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。