ビデオ編集の基礎と実践

編集ソフトの類似点

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
各社から発売されているノンリニア編集ソフト間の共通点について、例を交えながら解説します。
講師:
04:59

字幕

このレッスンでは、編集ソフトの類似点について解説します。ビデオ編集用のソフトですが、今回このコースで使う AdobePremiere Pro の他にApple の Final Cut Pro X やAvid の Media Composer といったさまざまなソフトが存在します。もちろんですね、それぞれ使い方や画面構成、機能、得意な点などは多少違うんですが、実はですね、これらかなり共通点もあります。似ている部分も多いです。それはですねちょっと見ていこうと思います。まず今出したのがこれはPremiere Pro の 画面ですね、まだ開いた直後の段階ですけど、こんな構成になってい ます。はい、ではですね、これが Avid のMedia Composer の画面です。もう結構似ているのが分かるんじゃないかなと思います。そしてさらにこれが Final CutPro X の画面です。ちょっとすっきりはしてますけど、これも結構似てますよね。こうしてみると、かなり共通点が多いのが分かると思います。大体どれもですね、この右上のところはモニターになってますよね。はいそんな共通点もあります。それではですね、これら一番ですね、基本的に共通しているところ、それがPremiere Pro でいうとここです。 プロジェクトパネルといいます。はい、このプロジェクトパネル、Premier のプロジェクトパネルは何をするかというと、例えば編集に使えるビデオやオーディオの素材、そして内部で作ったシーケンスやテロップといったですね、そういった素材を入れておく、まあ言わば素材の入れておく保管庫のようなものですね。それをプロジェクトパネルといいます。実はですね、Premiere Pro のプロジェクトパネルと同じようなものが、Final Cut Pro Xこれライブラリと言いますね。そして Media Composer にも、見た目もかなりいてますけど、このような形で装備されています。で、それぞれですね、このようにフォルダですね、ビデオ編集ソフトではこのフォルダのことをビンと呼んだりしますけど、ビンを使って細かく整理していきたいですね。同じような形で素材を管理することができます。そして編集のスタイルなんですけど、これが Premiere Pro ですね。プロジェクトパネル中の映像素材をソースモニタ という 1 個目のモニターで開きます。そしてソースモニターの方で内容を確認したらここでですね、これが時間の流れになっているんですけど、インポイントとアウトポイントというのを決めて、ここからここまで使うという範囲を決めてあげます。 ではですね、これを Final Cut Pro なんですが、Final Cut Pro 、こっちの ライブラリの方にですね、かなり大きなサイズでビデオ内容のサムネイルが出せます。Premiere のソースモニターとちょっと似ていますね。さらに複数出すことができますけど、この中でこの絵自体がですね、左から右にかけて時間軸になっているので、インポイントとアウトポイント決めてあげると、ここからここまで使うそれを決めることができます。で、 Media Composer、名前ももう Premier と一緒ですね、ソースモニターでやはりインポイントとアウトポイントを 決めると。このイン・アウトを決めるというスタイルがですね、3 つの ソフトともまったく一緒になっています。そして再び Premiere に来て、ソースモニターの範囲を決めたら、ここにあるタイムラインですね、ビデオ編集で使うメインの時間の流れです。ここにもってくると、このようなブロックとして、ビデオやオーディオが表示され、このタイムラインに置かれたものはメインのモニターに表示されます。これがですね、Final Cut Pro X もやはりタイムラインにこういったものがメインのモニターに表示されてますし、Media Composer も一緒ですね。 こういった形で非常にどのソフトもですね、考え方が似ています。ですので今回のこの講座はPremiere Pro を使ったものなんですが、このコースはですね、 Premiere の機能を覚えるというよりは、編集自体のですね、知識や感覚をを担うものなので、結構比較的簡単に、Final Cut Pro ですとか、Media Composer に置き換えるということもできます。もしですね現在Final Cut とか Media Composer も使っているよという方がいらっしゃったら、無理やり Premiere Pro でやる必要はありません。自分のですね、慣れてるソフトに置き換えて、ぜひともチャレンジしてみてください。

ビデオ編集の基礎と実践

過去の映画やビデオなどで積み上げられてきたさまざまな編集のセオリーは、今日のネット動画の編集においても多数応用できるものがあります。このコースでは過去の名作映画を素材に、編集技法の基礎や編集者の役割、カメラやレンズの動きの種類やドキュメンタリー編集の実践テクニック、サウンドデザインなど編集に関する基本的な知識をひと通り学ぶことができます。

3時間02分 (29 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年11月09日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。