ビデオ編集の基礎と実践

素材を確認して取り込み

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
編集に使用する素材の内容を確認し、Premiere Proの新規プロジェクトに取り込む際の手順について解説します
講師:
10:26

字幕

このレッスンでは、編集に使う素材の整理について解説 します。撮影が終わってですね、これから編集に入ろうというところですけど、その前にですね、編集に使う各種の映像ですね、それぞれの整理から、編集ソフト Premiere への取り込みまで、その辺を解説していきます。はいそれでは、このレッスンの素材ですね。フォルダを開けると、このようなフォルダ構成になっています。素材として使うビデオのファイルなんですけど、前段階ですね、編集に入る前の段階で、ある程度フォルダ分けして整理しておくのがポイントです。例えば、これなんかですね、チョコレートメディアと書いてあるフォルダですけど、その中に、このような形で、撮影した場面ごとにですね、フォルダ分けして整理してあります。音楽もこっちにありますね。内容を確認してみると、素材がですね、いくつも入っていますけど、はい、分かりやすいようにフォルダ構成になっています。はい、まずこれが大きなポイントなので、これですね、認識しておいてください。それではですね、Premiere Pro を起動します。Premiere Pro を起動すると、このような画面が出てきますね。そうしたら新規プロジェクト、これを実行します。 ではですね、プロジェクトのまず作成場所なんですけど、これは、素材はですね、保存してあるところと同じ所にしておきましょう。そしたらここで OK を実行します。はい、そうするとですね、 Premiere の初期画面はこんな感じになっています。で、もしですね、画面構成が変わっていた場合、Premiere はですね、画面の構成が自分でカスタマイズできるので、こうなってなかった場合には、「ウインドウ」のメニューの「ワークスペース」ここから、「編集」ですね。これを実行した上で、これでも戻らないときには、同じところで、「保存したレイアウトにリセット」これを実行すると、このレイアウトになるはずです。試してみてください。それではですね、撮影した素材をこのプロジェクトパネルに読み込んでいくんですけど、このプロジェクトパネルの上をですね、すっきり保つには、さっきデスクトップ上でフォルダ分けをしていましたけど、あれと一緒です。こっちのプロジェクトパネルの上にも、これですね。新規ビンというアイコンがありますけど、ビンという名前で、フォルダですね、それを作ることができます。クリックするとこのように、新規のビンが作成されるので、例えばこのようにですね、名前を作っておく。 そして例えばもう 1 個つくっておきましょう。はい、このように複数のビンを作れるので、この中にですね、読み込んだ素材をまとめていきます。またですね、このようにドラッグ&ドロップでビンの中にビンを入れることもできるので、このように入れ子にして細かくdすね、整理していくということもできます。この状態でですね、ここのプロジェクトパネルの何もないところをダブルクリックすると、このようにファイルの読込になるわけなんですけど、ここでですね、例えば、直にムービーのファイルをダブルクリックすると、このように読み込みが行われます。はい、一回これデリートして消します。それでもいいんですが、後からビンを作って分けていくのは結構面倒くさいので、さっきのですね、デスクトップの時点で、フォルダ分けされているものはそのフォルダごとですね、例えばこのような形で、選んであげて読み込みとやると、フォルダの構造を保ったままで、このように読み込まれます。この方が圧倒的に便利ですね。元の素材も、ちゃんと保存されますし、このように Premiere の中でもそれが引き継がれて、ビンに分けられた状態で編集を始めることができます。二度手間にならずに一回で済むので、ぜひですね、デスクトップの時点でフォルダ分けをきっちりしておいて、それをそのまま Premiere の方に読み込んでください。 はい、では素材が揃ったらなんですが、まずですね素材のどの部分を使うかですね。そこを整理していくことになります。プロジェクトパネルの上で、このムービーのファイルですね、これのアイコンの部分をダブルクリックすると、ソースモニターが開きます。そしてこの部分ですね。はい、そうしたらですね、ここでこの 2 つのボタンを使って、ここからここまで使うという範囲ですね、たとえばここからここまで使うといった感じで決めていけるわけなんですけど、1 個の素材の中もですね、何個も使う分があるってこと、いっぱありますよね。例えば 10 分回していた映像があったとして、じゃあこことこことここと、何箇所も使うということがあると思うんですが、この範囲はですね、1個しか設定できません。じゃあ 1 回ごとにですね、設定しなければならないかというと、解除してしまうとまた探さないといけないので面倒くさいですね。そんな時には、この状態でですね、このクリップ。プロジェクトパネル上のクリップを右クリックして、そして複製ですね。これを実行すると、ちょっと名前の表示部を広げてみると、このように、今 Customer CU 1 というムービーでしたけど、それのコピーというのが作成されます。 これをダブルクリックすると、ちゃんとインとアウトのポイントも反映されていますね。そうしたら、こっちの元のほう、こっちはまた別のイン・アウトを設定しています。ここから、じゃあここまで使うとして、そうするとまったく同じ素材なんですけど、こっちはこの部分。こっちはこの部分と、使う部分をちゃんと分けることができますはい、そうしたらこっちはですね、別の名前にしておけばいいわけですね。これはわかりやすい名前にしておけば OK ですし、例えばですね、このデータ項目、フレームレートであるとか、メディアの長さとかですね、こういったものを入力できますけど、そこにですね、説明という欄があるので、ここに何か任意のテキストを入力して、メモにしておいても構いません。はい、このような形でですね、どんどん使う部分をマークしていけば、編集の時にかなり効率よく作業ができますね。今ですね、ここ、この部分、このリストの表示になっているんですが、これは切り替え可能です。もしかしたらですね、最初の時点でこんな表示で読み込まれた方もいるかもしれませんね。はい、これ、アイコン表示というものですね。ここでさっきのリスト表示とアイコン表示切り替えられます。 もし最初からこれになっているという人は、こんな感じでクリックしていくと、このような見やすいですね、大きなアイコンで表示されていますね。これ、上のボタンを押すと、戻ってきます。で、このアイコン表示の時なんですが、便利な機能がありまして、このマウスポインターでですね、このサムネイルの部分、これを左から右に動かすと、絵がちょっと動いてますよね。実はこれ、左がムービーの先頭、右がムービーの一番しっぽという状態で、時間の流れを表しています。このようにして簡易的にですね、中を見たりとか、1回クリックすると、ここのですね、スライダーで見ることもできます。でですね、この状態でこのムービーのインアウトを決めることもできます。例えばここから使おうというところでキーボードの I を押すと、インが設定されて、ているここで終わりというところでO を押すと、アウトが設定される。そしてこれもですね、右クリックすれば、複製することができるので、これですね、非常に効率的にたくさん表示してですね、どんどんどんどん範囲を決めていく、そんなこともできます見やすいですね、リスト表示の制御をしながら、ソースモニターでイン・アウトを設定するというやり方もあります。 はい、こんな要領でですね、デスクトップの時点できちんとフォルダ分けして、素材を整理しておいた上で、そのですねフォルダの構造を保ったままでPremere 中に読み込むと、ちゃんとビンに分けられた状態となっています。で、使用する範囲ですね。決めた後、 1 個の素材から複数のポイントですね、マークしておきたい時には、ここで素材を右クリックして複製しておくと、いつでもコピーが作れる。これ実際のファイルは増えません。この上で見た目が増えるだけなので、ハードディスクの容量を食ったりはしないので安心です。はい、こんな感じですね、効率よく編集の準備ですね、ぜひとも行ってください。

ビデオ編集の基礎と実践

過去の映画やビデオなどで積み上げられてきたさまざまな編集のセオリーは、今日のネット動画の編集においても多数応用できるものがあります。このコースでは過去の名作映画を素材に、編集技法の基礎や編集者の役割、カメラやレンズの動きの種類やドキュメンタリー編集の実践テクニック、サウンドデザインなど編集に関する基本的な知識をひと通り学ぶことができます。

3時間02分 (29 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年11月09日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。