ActionScript 3.0による3次元表現の基礎

Pointオブジェクトの大きさと極座標指定

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Pointクラスを使うと、距離や極座標がプロパティやメソッドで求められます。
講師:
02:17

字幕

Point クラスは 2 次元の xy 座標を扱います この Point クラスの中から よく使われるメソッドや プロパティを幾つかご紹介します 先ず Point オブジェクトを作る コンストラクタは new 演算子で Point そして括弧の中には x 座標と y 座標の値を渡します それから Point クラスには 極座標の値を与えて そして xy のプロパティを持った Point オブジェクトを作る メソッドがあります これは Point クラスに対して直接 Point.polar という風に呼び出します そして括弧の中には距離と 角度をラジアンで渡すと Point オブジェクトが作られ その xy 座標が 適切な値で設定されます そしてポイントオブジェクトの 原点から座標までの距離を 伸び縮みさせるのが Point オブジェクトに対する normalize というメソッドです 伸び縮みさせるというのは 角度は変えずに 距離を伸ばしたり 縮めたりするということです normalize メソッドの引数には その設定したい距離を渡します 最後にプロパティを 1 つご紹介します Point オブジェクトの長さ つまり原点から座標までの距離は Point オブジェクトに対する length というプロパティで 調べることができます 以上の Point クラスの プロパティとメソッドを もう 1 度おさらいします 先ず オブジェクトを作るコンストラクタは new 演算子でクラス名 Point 括弧の中に引数は x 座標と y 座標の値を渡します 極座標で座標を指定して そして Point オブジェクトを作るのが Point クラスに対する つまり Point.polar メソッドです 引数には距離と ラジアンの角度 つまり極座標を渡します そして Point オブジェクトの原点から 座標までの距離を 伸び縮みさせるのが Point オブジェクトに対する normaliza というメソッドです 引数には その伸び縮みさせて設定する 距離を与えます Point オブジェクトの長さは Point オブジェクトに対する length というプロパティで 調べることができます

ActionScript 3.0による3次元表現の基礎

このコースではActionScript 3.0の基礎を学んだ人を対象に、3次元空間を使ったオブジェクトの動かし方について学習します。ActionScript 3.0の3次元を扱うクラスの扱い方を説明するとともに、その基礎となる数学や物理の考え方についても解説します。

3時間53分 (29 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。