ビデオ編集の基礎と実践

中間のシーンを編集

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
素材の時間の流れをコントロールするなど積極的に加工を行いながら、中間部分のシーンの編集を行います。
講師:
10:19

字幕

このレッスンでは、キッチンのシーンの解説をします。はい、それではですね。まず、このサンプルプロジェクトの中の「Exercise Files」という bin ですね。その中に Chapter 4 というとこを開けてさらに 4 の 4 ですね。そこにある、「Chocolate sce」というシーケンスを開けると、こんな状態になってます。はい、前半がですね、アボカドを落としていくところのシーンですね。で、後ろの方にもひとかたまり有るんですけど、これは、ここにチョコレートができて、このですね、店の前に出てきて食べてもらうところ。これももう完成しています。はい、ではこの途中のところにチョコレートをですね、作っているえー、キッチンで料理をしているところのシーンを作ってみましょう。はい、ではまず素材を開けます。はい、そしたらAssets の bin を開けてさらに、「Broll」というところですね。これを開けて、はい。「Kitchen Broll」ですね。これを開けます。すると、この中にはこの様にですね、キッチンで料理をしているところの映像がずっと入っていますではまずですね、この一番上の「Avocado cut」の素材ですね。これをアイコンをダブルクリックして、ソースモニターに開けます。 はい。そしたら内容はこのようにアボカド割って皮を剥いて切っているところですね。はい、これをまずですね、タイムラインの方に持ってきます。はい、そしたらこれをおいて切り始めるあたりですね。ここをインポイントにしましょうはい、インをマークします。そしたらずーっと行って、皮を剥いて、切れ目を入れてと。はい、これちょっと中途半端なので、この辺にしましょうかね。はい、切れ目を入れ終わったあたり、ここをアウトポイントとします。はい、そしたらですね。このひとかたまりをタイムラインの方にドラッグ・アンド・ドロップで持ってきます。そして最初のシーンの所ですね。こっちへくっつけて、続いてるようにします。はい、そうすると、起きてはい、この様にですね。サッとシーンが変わって、用意しているところに来ると。はい、スムーズに繋がってますね。そしたら次なんですけど、このですね、いま一続きになってるアボカドを剥いてるところのシーンをですね。えー、これを切れ目を入れていきます。では、それに使うツールなんですけど、このツールの中の「レーザーツール」ですね。これを使いましょう。はい。では、まずですね。頭の方から見ていって、こうグイッと切れ目の入ったところここではい。この縦線がですね、入りますけど、ここんとこ合わせてクリックすると、はい。クリップがですね、もう一回選択ツールに戻すと、2 つに分割されています。 はい、こんな要領で切れ目を入れていきます。はい、そしたらちょっと先の方にですね、進めていって、切れ目をグイッと 1 周入れたら、この辺りですね、パカッっと割る寸前のあたり。はいここで、また切れ目を 1 こ入れます。そしたら次に、グイッと入れてパカンッと割った所ですね。はい、ここにも切れ目を 1 こ入れます。はい、そしたらずーっと進めていって、皮をグルーッと剥いていって行くわけなんですけど、まずですね、この皮むきの最初のあたりですね。こうグイッと皮を剥いているんだよとわかるあたり。ここでも 1 箇所入れておきましょう。そしたら、また進めていって、皮むきが終わる前辺りのところですね。ここでも 1 箇所入れておきます。はい、そしたら進んでいっておいてですね、サクサクと切れ目を入れていくので、はい、このですね切っている辺りですね。ここでも切れ目を入れておきます。はい、こんなかたちで1 このですね、クリップに切れ目を何箇所も作って分割しました。はい、そしたらですね。こんな感じで 1、2、3、4、5、6、7となってますけど、はい。この間のところですね。例えばグルッと切れ目を入れているところ。ちょっと絵的にも地味ですよね。 で、ここなんかはちょっとカメラも外れているので、あまり絵が入ってない。ここもずっと剥いているだけなのでつまらないと。はい、こういったですね、えー、ちょっと退屈なところ消してしまいましょう。では、選択ツールに戻って、まず 1 こクリックします。そして 2 こめですね。こっちもいっぺんに消すわけなんですけど、はい、2 個目をクリックするときにはShift キーを押しながらクリックします。するといっぺんに選べます。もう 1 こも Shift キーを押しながらだと、はい、3 ついっぺんに選べました。じゃあこれで Delete キーを押すと、はいこんな感じで消せて、はい、切れ目を入れて、パカンと割って皮を剥いて切れ目を入れると。はい、要点が効率よく記録されましたね。はい、そしたらですね。えー、間があいているのでここは隙間の所を右クリックして「リップル削除」とやると、間をつめることができます。はい、再生してみると、はい、こんな感じですね。で、ここだけちょっと長いので、ちょっと詰めましょう。こんな感じで調整していきます。大体この辺でいいでしょうかね。はい。そしたら、ここもドラッグして短くして、間を詰めてしまいます。 はい、そうすると、適度にですね、長さを調整することが可能です。はい、そして次ですが、下の方にですね行って、はい。「Missing add」という名前のやつがあるので、これをダブルクリックしてみると、こんな感じで鍋の辺りですね。こんなのが写っています。えー、この辺に繋げていきたいので、その前にですね、えー、こうした材料をすりおろす所を入れたいので、その前にこれですね。こっちのムービーを開けてやると、このようにパンしてる映像があるので、この最初の方ですね。ここにインポイントを入れて、で、こちら方に移動してきたところですね。ここにアウトを入れて、この映像を持ってきます。すると、アボカド切ったあとにこれが入りますね。そうすると、こっちの鍋に入れる方ですね。こっちにスムーズに繋げることができます。はい、それではここら辺のうち、鍋に入れているところですね。これを入れましょう。では、この辺インポイントにして、鍋に入れているやつがわかるところですね。ここをアウトにして、こちらに持ってきます。さぁ、長さを微調整すると、はい、繋がりとしては、アボカドを切ってで、準備されて、鍋に入れていると。はい、こんな繋がりとなりました。 それではですね、いまこの鍋に入れているので、このパティシエの人のちょっとアップを入れましょう。はい。この「JM CU」ってやつ、CU はクローズアップですね。こんなかたちで入ってます。では、「JM CU 1」のこれくらいの角度ですね。はい。これくらいの角度のところを入れると、この見た目から、こっちにズームしていった感じが出ますね。では、位置が定まったあたりですね。この辺をイン・アウトを作って、そしてこっちに持って行きます。はい、繋げてみると、こんな感じに繋がりますね。はい、このようにつなげていった結果ですね、どんどん後の方もつなげていくわけですけど、はい、完成形がこちらに入ってます。はい、4 の 4 のフォルダですね。この中に「Chocolate narrative post」というシーケンスがあるので、はい、ここですね。開けてみます。はい、そしたら、内容を見てみるとですね。はい、今作ってきた所が後の方まで出来ていて、最後のシーンに繋がってます。ちょっと 1 通り見てみましょう。はい、どんどん料理の工程ですね。これもわかったと思いますけど、えー、長いところはですね、どんどん途中も省いてしまって要点だけを見せていくといった感じですね。 そうするとテンポが出てなかなか面白い映像になってきます。で、時々このクローズアップを入れることで、えー、強調されますね。メリハリがついています。はい、このようにして、で、完成形をですね、印象的に映して、で、最後のシーンに繋がっていくと。こんな感じですね。はい、こんなかたちで、真ん中のシーンが出来上がりました。

ビデオ編集の基礎と実践

過去の映画やビデオなどで積み上げられてきたさまざまな編集のセオリーは、今日のネット動画の編集においても多数応用できるものがあります。このコースでは過去の名作映画を素材に、編集技法の基礎や編集者の役割、カメラやレンズの動きの種類やドキュメンタリー編集の実践テクニック、サウンドデザインなど編集に関する基本的な知識をひと通り学ぶことができます。

3時間02分 (29 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年11月09日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。