ビデオ編集の基礎と実践

トリミングと音楽のアサイン

全400コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
作品の細かい部分のトリミングを行った上でBGMを加えて、最終的な仕上げに向けた作業を行います。
講師:
07:54

字幕

このレッスンでは、ムービーを微調整した上で、音楽をつけます。はい、それではですね。まず、この 4 の 5 の bin ですね。「Exercise Files」の4 の 5 の bin を開けて、1 番のシーケンスを開けると、もうですね、全部の素材が並んだ状態になってます。はい、これですね、もう大体要素は入ってるんですけど、ちょっと何箇所か微調整しようと思います。まず 1 箇所目がはい、ここですね。これ実はおかしなことになっていまして、よーく見てみると、はい、パティシエが手を挙げて友達が通って次に行くんですけど、はい、矛盾に気がついたでしょうか。これですね、こっちのカットではもうパティシエが腕を降ろし始めてます。ちょっと降りてますよね、もう。なのに、こっちのカットに来ると、腕が思いっきり上がっているという、えー、矛盾した繋がりになっているので、ここを解消しましょう。じゃあ、この十分に腕が上がっているこの辺ですね。はい。ここで、1 回再生して止めておきます。そしたら、こっちの「リップルツール」というやつを選びます。そしてこのリップルツールで、この不要な部分ですね、ここのところをこんな感じでドラッグしてあげると、はい、よく見ていてください。 はい。後続のクリップがですね、ひょこっと前に詰めましたね。そうすると、はい、自然なつながりになりました。こんな感じにリップルツールはですね、この隙間なく並んでいるクリップのところ、調整すると、えー、そこですね。前後のクリップの位置を自動的に調整してくれて、隙間なくですね、調整できるという非常に便利なツールになっています。はい、ではですね。他にも何箇所か見てみましょう。はい、この料理のシーンに入って、進んでいって、はい。ここ分かったでしょうかね。この、絞り出しているカットなんですけど、結構ですね、あっけなく終わってしまうんですね。もうこっちでいきなりいっぱい並んでいる状態になるので、せっかくなんでもっと大量に出すまでおきたいんですけど、それはずーっと再生しているとちょっと退屈となってしまいます。なので、ここですね、早回しにしてもっと沢山置いているところまでやってみたいと思います。はい、それではですね。1 回このクリップをドラッグして上のトラックに持って行きます。そうすると、はいこっち伸ばせるので、伸ばしていくと、はい、ずーっと来るとですね、はいこんなかたちで、いっぱい出すところまで映っています。 ただこんなに長くなってしまいます。当然ですね。はいそしたらですね。これをこの、隙間の時間の間で再生できるように早回しにして全部収めたいと思います。さぁ、そこで使うのがこの中にある「レート調整ツール」というやつですね。これクリックして選んで、はい、レート調整ツールでドラッグすると、いま、これ頭がこれ、クリームを絞り始めて、はい、終わりがこの 3 列目が終わったぐらいですね。はい、ではレート調整ツールでドラッグしていって、この幅に合わせます。すると、1 番最後の位置合ってますよね。全部絞り終わる辺りが場面があるんですけど、はい、見ていただくと、高速になってますね。はいこんな感じでスピードアップして、この隙間にハマるようになっています。では同じようなことをもう 1 箇所ぐらいやってみましょう。はい、例えばここなんかですね。完成したチョコを並べてるところですが、これも同じように見てみると、はい、1 回選択ツールで上に持って行って伸ばしてみると、まだまだありますね。はい、ずっと見てみるとこんなに長い時間かけて全部チョコを付けて並べてます。じゃあですね、これも一気にレート調整ツールでこの隙間の長さにしてみましょう。 はい、そしてこの部分ですね、見てみるとどんなことになるかというと、はい、超高速で作られてますね。こんな感じのユーモラスな雰囲気になります。はい、でですね、こんな感じの調整と、あと音楽ですね。音楽のファイルですけど、はい、この「ミュージック」というbin に入っています。この 370437 というやつですね。これをダブルクリックすると、えー、ソースモニターで開いてきますけど、これは、ビデオじゃなくて音楽なので、えー、映像はもちろんなくて、代わりにこのボリュームの大小ですね。これが出ている波形が出てきます。これ再生してみると、こんな感じの音楽が出てきますね。はい、そして、ビデオの場合、このビデオだけのドラッグはですね、ここをドラッグしていましたけど、音楽の場合にはこの波形のアイコン、これをドラッグするとこのタイムライン上に持ってこられます。はい。でですね、いまこんな感じでやりましたけど、まだ音楽の長さに対してこっち映像が長いので、そういったところですね、ちょっとずつ詰めたりとか、または今のようにえー、レート調整ツールで早回しにしてやると時間が短くなるので、適宜ですね、調整していきます。さぁ、そんなかたちで完成したのがこの 4 の 5 の 3 のシーケンスですね。 はい。これ途中のところ音楽付きで見てみると、はい、こんな雰囲気になりました。えー、音楽が入るとだいぶ雰囲気も変わりますね。えー、このようにして音楽を入れたうえでですね、最終的に長さを調整して最後が綺麗に収まるようになっています。えー、この早回しのテクニックですね、はい、これを使うと、結構時間の調整の融通がきく上に、えー、アクセントになって面白い効果が出るので、ぜひとも使ってみてください。

ビデオ編集の基礎と実践

過去の映画やビデオなどで積み上げられてきたさまざまな編集のセオリーは、今日のネット動画の編集においても多数応用できるものがあります。このコースでは過去の名作映画を素材に、編集技法の基礎や編集者の役割、カメラやレンズの動きの種類やドキュメンタリー編集の実践テクニック、サウンドデザインなど編集に関する基本的な知識をひと通り学ぶことができます。

3時間02分 (29 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
プラン加入者限定
発売日:2015年11月09日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。