ビデオ編集の基礎と実践

シーンの微調整

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
大まかな構成が出来上がった状態に、細かい部分の調整を加えてさらに完成度を高めて行きます。
講師:
05:17

字幕

このレッスンでは、シーン内の微調整について解説します。はいそれではですね、この 5 の 4 の b の中に入ってるシーケンスの内の、プリディファインってやつですね。これ開くと、もう大まかに組みあがっている状態が出てきます。はい、だいたい組みあがったらですね、あとは細かいところを直していこうと思います。じゃあ例えばですね、一例としてこのインタビューが入ってくる寸前のところ。はい、今ですね。この画が入ってちょっと間ができてしまって、インタビューが入ってるので、これですね、インタビューが入ると同時にこっちの画が入ってくるようにしたいなという時ですね。はい、じゃあ例えばいくつかの方法として、例えばですね、ここの不要な部分、これ切り込みを入れて、はい、じゃここをですね、切ってしまって後ろを詰めると。リップル削除をしたいなんて場合なんですけど、ちょっとやってみると、はい、右クリックしてもリップル削除ができなくなっています。では Command もしくはCtrl+Z して戻しますね。はい、じゃあリップルツール、これ選んだらどうかというと、これも動かないです。はい、何故かというと、一番下の音楽ですね。ここ切れ目がないので、これが動かないので、リップル削除ができないんですね。 動いたらずれてしまうので、おかしなことになるので、こういったケースではリップル削除は行えません。じゃあどうしたらいいかというと、ほかの方法があります。はい、じゃ今回はこれ使ってみましょう。ローリングツールです。はい、ローリングツール、何かというと、このクリップのですね、つなぎ目を動かすことができるツールですね。では、これちょっと覚えてください。この前のクリップがこの感じですね、絞ってる途中のここらへんのポイントです。で、変わると、この顔がちょっとだけ、三分の一くらいでてきたところに来ますね。はい、ではこのつなぎ目のところ、これをローリングツールではい、ドラッグしてみると、このように動かすことができます。そしてこっちのインタビューの頭に持ってくると、はいぴったりになりましたね。はい、今の動作なんですけど、こっちの右に動かしたので、前のクリップが伸びましたね。少し先の方までなって、で、右側のクリップはちょっと頭が削られました。こんな風にしてローリングツールを使うと、自由にですね、この切れ目の位置を動かすことができます。ほかのところでも一緒ですね。他の所を見ていて、例えばこういうところでも、動かすと切れ目がですね、変えることができます。 でその時ですね、このモニターには、左側クリップの一番最後と右側クリップの一番最初ですね。それは両方映るので、どんなところで切り替わるかわかります。そしてですね、この二つのクリップの合計は変わらないままで、こうつなぎ目を変えることができるので大変便利です。ある程度校正ができた後にとても便利に使えますね。はいじゃちょっと、もうちょい違ったのもやってみましょう。はい例えば、こんな風に既にあるクリップなんですけど、はい、長さを変えたくないんだけど、この元の素材の中の、ちょっとですね、 他の部分を使いたいというような時ですね。例えばこのクリップをダブルクリックしてみると、元はこんなような長さがあります。で、見るとですね、他の部分もあるわけなんですけど、これちょっとずらしたいなんていう時にですね、そういった時にはこのスリップツール、これを使います。これを使うと、このクリップの長さを変えないままで、中のですね範囲を変えることができます。はい、左側に出ているのがクリップの一番最初。で、右側に出ているのがクリップの一番最後です。こんな感じでですね、クリップの長さを変えるだけで使う範囲をですね、変更することができます。 そんな風にして調整してやった結果が、こっちのポストリファインの方のシーケンスですね。わけてみると全体的に同じようにみえますけど、細かいとこですね、調整された結果になってます。さあ、こんな形でこれだけですね、基本的な構成ができていれば、あとはクオリティを上げていく作業なので、こうしたですね、例えばローリングツールで切れ目を動かしたり、スリップツールでこの切り取った範囲ですね、それを時間の長さを変えないままで微調整したりですね、そういったところでよりクオリティを高めていってください。

ビデオ編集の基礎と実践

過去の映画やビデオなどで積み上げられてきたさまざまな編集のセオリーは、今日のネット動画の編集においても多数応用できるものがあります。このコースでは過去の名作映画を素材に、編集技法の基礎や編集者の役割、カメラやレンズの動きの種類やドキュメンタリー編集の実践テクニック、サウンドデザインなど編集に関する基本的な知識をひと通り学ぶことができます。

3時間02分 (29 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年11月09日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。