ActionScript 3.0による3次元表現の基礎

DisplayObjectクラスのた3次元座標空間を操作するプロパティ

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
DisplayObjectクラスの3次元空間における位置と回転角および伸縮のプロパティをご紹介します。
講師:
02:02

字幕

Flash のステージに置かれて表示される DisplayObject クラスについては 3 次元空間を操作する プロパティがあります それをご紹介しましょう この図は Flash Player の x y z の直行座標軸です x 座標は右向きに + です コンピューターのディスプレイでは y 座標は下向きに + z 軸なんですけれども これは 3D のアプリケーションによって違うので 注意が必要です Flash Player の場合には 奥向きに z 座標が + になります DisplayObject の 1 座標は 2 次元の x y に加えて 奥向きの z 軸の座標 z が加わります DisplayObject のプロパティを あと 2 つご紹介しましょう 1つは回転角です 2 次元では rotation という プロパティがありましたけれども 3 次元の場合には その後に x y z が付きます この x y z が それぞれどの軸を中心に 回転するのかを示します ですから rotationZ というのが 2 次元の rotation と同じ回転になります x 軸で回転するのが rotationX y 軸で回転するのが rotationY です もう 1 つは拡大縮小です 2 次元の scaleX scaleY に加えて scaleZ が加わります これは奥向きの拡大縮小ですから 厚みがないと効果がありません では DisplayObject の 3 次元座標空間を操作する 3 つのプロパティをまとめます 先ず位置は x y に加えて z です 軸を中心とした回転角 これが rotationY rotationX rotationZ です そして軸方向の拡大縮小伸縮が scaleX scaleY に加えて 奥向きの scaleZ が加わります

ActionScript 3.0による3次元表現の基礎

このコースではActionScript 3.0の基礎を学んだ人を対象に、3次元空間を使ったオブジェクトの動かし方について学習します。ActionScript 3.0の3次元を扱うクラスの扱い方を説明するとともに、その基礎となる数学や物理の考え方についても解説します。

3時間53分 (29 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。