Objective-C 基本講座

何が必要なのか

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
iPhoneのアプリ開発を体験するために必要な機材や環境を紹介します。
講師:
02:39

字幕

このレッスンでは Objective-C を使った― iPhone や iPad アプリを開発するには どのようなものが必要とされ どんな風に利用されるのかを学習します では 実際何が必要かですが Objective-C を使った iPhone や iPad アプリの開発には Mac とインターネット回線が必要になります Windows マシン上で 直接 Objective-C を使って 開発することはできません Mac は安いものでも十分に使えます 4 5年前の Mac も利用可能です インターネット回線は できれば速い方が良いでしょう というのも iPhone のアプリは Mac 上で開発用アプリを使って 作成するのですが その開発用アプリは App Store アプリを使い インターネット経由で インストールすることになっていて 大きさが DVD 1枚分位あるからです 開発用アプリの名前は Xcode と言います Xcode はアップルが無料で提供している 開発用アプリです これを使って iPhone や iPad のアプリを 作り出すことができますし Mac 用のアプリを作ることも可能です そしてアプリの動作を記述するために 用意された言語が Objective-C です 開発者は Xcode 上で Objective-C の文法に従って 希望の動作を書くことで その記述に従って動くアプリを 作成できる訳です 作成した iPhone アプリは iPhone を Mac の画面上で シミュレートするアプリによって 動作確認できます このアプリは Simulator と呼ばれ Xcode をインストールした時点で 一緒に付いてきます マウスやトラックパッドでのクリックが iPhone 画面上でのタップをシミュレートし それに合わせて画面も変化します ホーム画面には設定アプリや Safari も存在し 利用することも出来ます 実機上でアプリを動かす場合は USB ケーブルで Mac と iPhone を 繋いで行います 実機を使わないと確認できない機能には カメラ撮影・ジャイロ・加速度計と いったものがありますが 大部分は Simulator で確認可能です このレッスンでは Objective-C を使った― iPhone や iPad アプリを開発するには どんなものが必要とされ どんな風に利用されるのかを学習しました

Objective-C 基本講座

このコースはプログラミング初心者でもObjective-CによるiOSアプリ開発の体系的な理解が得られるように構成されています。プログラムの動作の原理、Objective-C言語の役割、そこで利用されるCocoa touchオブジェクトの役割、基本的なiOSアプリの作成方法などを学習します。ぜひこのコースをアプリ開発に踏み出すさいの第一歩としてください!

6時間39分 (69 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年11月18日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。