Objective-C 基本講座

プログラミング言語とは何か

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
プログラムを記述するために使われる言語について学習します。ソースコードとマシンコードの関係、コンパイラについても紹介します。
講師:
05:07

字幕

このレッスンでは Xcode が アプリとして作り出すマシンコードと そのマシンコードを作るために利用する プログラミング言語の関係を学習してください マシンコードは CPU が読み取って 自分への命令だと解釈する数値群です 例えば iPhone のアプリはユーザー からのタップといった外部環境からの 働きかけを見張り これに対応するという 作業を永遠に繰り返すように作るのが 基本となっていますが このような動作も全て マシンコードで実現されます 自分が望む動作をさせるように CPU への 命令群をマシンコードとして用意する作業が プログラミングです コンピュータが文字通り計算機でしか なかった遠い昔は特殊なメモリーへの 書き込み装置を使って― マシンコードを直接手作業で メモリー上に記憶させたりもしていました メモリーの特定番地に計算の元となる数値を 記憶させ CPU を実行させ その結果をメモリーから取り出す といった作業です 最後の停止命令は重要です これが無いとそのままメモリーの数値を 読み込み続け 最後には 200 番地や201 番地の数値も 命令として実行してしまいます 昔はこのようにメモリーに直接数値を 記憶させるプログラミングを行っていました しかしプログラミングを数値そのままで 作り出していくのは大変な作業です そこで用意されたのが「ニーモニック」です ニーモニックはマシンコードを人間が 記憶しやすい単語に置き換えたものです まずニーモニックでプログラミングし これをマシンコードに置き換えてメモリーに 記憶させる これだけでも ずいぶん楽になったのですが それならいっそメモリーにニーモニックで 書かれた文章を記憶させ CPU がニーモニックをマシンコードに 変換するようなプログラムを 用意したらどうか という話になりました この変換プログラムを 「アセンブラ」と言います 番地も数値ではなく人間がつけた 任意の名前を使えるようにし アセンブラが適切な番地を 割り振るようになりました 現在のアセンブラが作るものは マシンコード一歩手前のもので CPU に実行させるまでにいくつかの 工程が存在しますが 考え方はこの通りです いずれにせよ ニーモニックとアセンブラの出現で プログラムは文字で書けるようになりました しかしそれでも一と二を足すだけの プログラムが難解な記述であることは 避けられません またマシンコードは CPU のブランド によって異なる場合が多く 例えば現在マックが使っている CPU と iPhone が使っている CPU とでは 別物になります 一対一で対応するニーモニックも 異なることになり 同じプログラムに対し CPU の ブランドごとにソースコードを 用意する必要もあります これを解決するために用意されたのが 今学ぼうとしている Objective-C 言語や C 言語 Java といった プログラミング言語です 例えば先ほどのプログラムはほぼ数式のように 書けるようになりました この技術はメモリーの 200 と 201 番地の 記憶領域を数式の変数 a と b に 抽象化し 200 番地の値に 201 番地の値を 足しこむ作業を表したものです ニーモニックでの直接的な CPU への 命令を数学の式のように抽象化することで 記述しやすく読みやすくなっています このような記述をマシンコードに直すのが 「コンパイラ」と呼ばれるアプリです コンパイラはこの記述から マシンコードを作り出します このソースコードの記述法が これから私たちが学習する― Objective-C 言語です 世に出回っているプログラミング言語は このように人間用に抽象化した文法を元に CPU 用のマシンコードを 作り出すためのものです 今でも「Swift 」など いかに安全に 効率的にマシンコードを作成できるかを 競い合い 言語が生み出されています このレッスンでは Xcode が アプリとして作り出すマシンコードと そのマシンコードを作るために利用する プログラミング言語の関係を学習しました

Objective-C 基本講座

このコースはプログラミング初心者でもObjective-CによるiOSアプリ開発の体系的な理解が得られるように構成されています。プログラムの動作の原理、Objective-C言語の役割、そこで利用されるCocoa touchオブジェクトの役割、基本的なiOSアプリの作成方法などを学習します。ぜひこのコースをアプリ開発に踏み出すさいの第一歩としてください!

6時間39分 (69 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年11月18日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。