Objective-C 基本講座

プロジェクトとはなにか

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
プロジェクトをもとにXcodeがおこなうアプリ製作の過程で、ソースコードやコンパイラがどう関わるのかを学習します。
講師:
03:28

字幕

このレッスンではプロジェクトが どのようなものから 構成されているのかを学習して下さい ワークスペースウィンドウの左は ナビゲータエリアと呼ばれます ナビゲータエリアには ナビゲータセレクタで選択した― ナビゲータの内容が表示されます 解析用や検索用 テスト用 不具合調整用など色々なナビゲータがあります このうちプロジェクトを構成している ファイル群を一覧したり 編集するために使うのが最初に 表示されていたプロジェクトナビゲータです 項目はグループ毎に階層的に まとめられていて ディスクロージャーをクリックすると グループ内の項目が一覧できます 項目を右クリックして Show in Finder メニューを選べば その項目に対応するファイルを Finder 上で確認することもできます 拡張子が storyboard のファイルは 画面レイアウト用です Assets はアプリのアイコンなど 表示に使用する画像ファイルを管理します info.plist はアプリのバージョンや名前と いった情報を持ちます その他の項目はテキストファイルです 確認した所でプロジェクトの 解説画面に移動します プロジェクトナビゲータの項目のうち 拡張子が m のファイルが Objective-C の コンパイラに読み込まれ マシンコードにコンパイルされる決まりです その為拡張子 m のファイルは Objective-C 言語の文法に沿って 記述しなければいけません 拡張子 h のファイルは 拡張子 m が読み込んで使います Objective-C 言語の文法に沿って 記述しなければいけませんが 直接のコンパイルの対象にはなりません このプロジェクトでは拡張子 m の ファイルは3つあり それぞれがコンパイラによって 個別のマシンコードに コンパイルされることになります そして出来上がったマシンコードは リンカと呼ばれるアプリで 1つのマシンコードにまとめられます コンパイラが直接アプリ用の マシンコードを書き出さない理由は アプリが行う処理には共通の部分が多く その全てを毎回プログラムするのは 非効率だからです 共通の処理部分は最初から マシンコードとして用意することにしておき 最終的にリンカで結びつけるようにしています この事前に用意されたマシンコードは どのプロジェクトでも使う関係から プロジェクト外の Xcode が 管理する場所に置かれています 分離されたマシンコードを結びつける機能が リンカによって提供されるので プロジェクト内のソースファイル自体も 1つのファイルに全ての処理を 記述するようなことは避け ある一定の処理単位別にソースファイルを 分けるようにしている訳です このようなソースファイルの分割は 複雑な動作をするアプリを作る時に 効果を発揮します このレッスンではプロジェクトが どのようなものから構成されているのかを 学習しました

Objective-C 基本講座

このコースはプログラミング初心者でもObjective-CによるiOSアプリ開発の体系的な理解が得られるように構成されています。プログラムの動作の原理、Objective-C言語の役割、そこで利用されるCocoa touchオブジェクトの役割、基本的なiOSアプリの作成方法などを学習します。ぜひこのコースをアプリ開発に踏み出すさいの第一歩としてください!

6時間39分 (69 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年11月18日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。