Objective-C 基本講座

バイト・ビット・2進数とはなにか

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
記憶装置に記憶される値について、2進法、10進法をふくめて学習します。
講師:
05:18

字幕

このレッスンでは記憶装置の容量の単位や コンピューターが数値を どのように記憶するのかを学習して下さい みなさんも iphone のスペック表で 容量 16GB とか 64GB などと 書かれているのを みたことがあると思いますが これはストレージの記憶容量を示しています ここで使われているバイトは 情報量の単位で ストレージでは番地で区切られた 1つの記憶区画の情報量に相当します このことを1区画は1バイトの情報量を持つ などと表現します そして1つの区画は 0 から 255 の 範囲の数値を1つ記憶できます またメモリの区画も同じく 1区画で 1 バイトの情報量を記憶します ギガのほうは倍率です キロ メガ ギガ と 約1000倍ずつ大きくなります 1MB なら約100万個 1GB なら約10億個の記憶区画を持ちます 1区画には 0 から 255 の範囲の数値しか 記憶できないのに コンピューターが1万や1億といった 値を使えるのは コンピューターも私たちが日常 数を扱う時に使っている 位という概念を利用しているからです 例えばここで上げている3桁の数字は 右から順に「1の位」「10の位」 「100の位」と扱い 「777」を表します 同じように例えば 番地の小さい順に区画を位付けすれば 複数の区画を使うことで 大きな数値を記録できることになります 但しこちらの位は1つ上がると 10倍ではなく256倍となります 私たちが日常使う数値は 1つの桁の数字が10になると 1つの位が上がるのに対し 記憶区画では1つの位の数値が 256になると位が上がるからです 各位の値を10 や 256 を基数にして表現すると 次のようになります 私たちが日常使う数は 10を基数として桁が変わり コンピューターでは 256 を基数として 桁が変わるわけです そしてそれぞれが使っている基数が 10 と 256 ということから このような数の数え方を 10 進法 256 進法と呼んで区別します 所でコンピューターが 256 といった 中途半端そうな基数を使う理由は 1つの記憶区画が8個の記憶装置によって 構成されているからです こちらも先程と同じように 桁を使うのですが 1つの記憶装置は1か0の値を記憶します そのため2で位が上がることになり 基数は2となります これを2進法と呼びます また この1か0という記憶量の最小単位を 「ビット」と呼びます コンピューターの世界での数の数え方は このビットの並びで数値を扱う 2進法が基礎となります 8桁のビットで表現できる数値は 0から255となります 先程のバイト単位で記憶できる数値の範囲は この8桁のビットから来ています コンピューター発明時から 8ビットを 一塊にしてバイトで扱うという考えが あったわけではありませんが いろいろな点で都合がよく 歴史的な経緯で現在はバイトが ストレージやメモリ容量の基本になっています 1か0だけ記憶する装置は 例えば磁界がSかNかとか 光が強く反射するか しないかとか 電気が多いか少ないか といったことで判断します この1か0を記憶する規則は 電気量といったアナログ値を ある程度の幅を持たせて 1か0のデジタル値に変換でき 精度が要求されないので 装置を安く作れるメリットがあります これがコンピューターが2進法を使って数値を 扱う様に設計される理由の1つになっています コンピューターの記憶の 最小単位はビットであり その8ビット分がバイトです このレッスンでは記憶装置の容量の単位や コンピューターが数値を どのように記憶するのかを学習しました

Objective-C 基本講座

このコースはプログラミング初心者でもObjective-CによるiOSアプリ開発の体系的な理解が得られるように構成されています。プログラムの動作の原理、Objective-C言語の役割、そこで利用されるCocoa touchオブジェクトの役割、基本的なiOSアプリの作成方法などを学習します。ぜひこのコースをアプリ開発に踏み出すさいの第一歩としてください!

6時間39分 (69 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年11月18日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。