Objective-C 基本講座

コマンドラインツールを作成する

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ターミナルの紹介と、ターミナル上で動くコマンドラインアプリの作り方を学習します。
講師:
04:14

字幕

このレッスンでは 学習に利用できる Mac 用のコマンドラインツールの 作り方を紹介します Mac 用のコマンドラインツールは Dock 等から起動する一般のアプリと異なり グラフィカルユーザーインターフェースはなく ターミナルというアプリの ウィンドウ上で キー入力と文字出力によって 利用します このような文字主体のアプリが 1970 年代までは一般的でした そしてこの時代の大型 中型コンピューターで 使っていた入力用の端末を ターミナルと呼んでいたのが ターミナルアプリの由来です ターミナルはキーボードからの入力を shell と呼ばれる特殊なプログラムに伝え 受け取った shell が OS と連携しながら関連する― コマンドラインツールを起動します この入力文字列をコマンドラインと呼び 最初の単語が利用するツールの名前 その後の単語群がツールに渡す 情報文字列となります そして この文字列が main 関数に引数としてわたってきます ツールは main 関数の引数を調べることで 自分の動作にバリエーションを 持たすようになっていて 例えば このようなツールの1つに ファイルアシスト用の zip がありますが 受け取った文字列を 圧縮したいファイル名と 圧縮後のファイル名だと解釈し 圧縮処理を行います ユーザーとのインターフェースこそ 原始的ですが ユーザーとの対話を さほど必要とせず ただ処理だけを実行させるような プログラムには今でもこちらが利用されます 構造もシンプルなので プログラミングの学習にも向いています またターミナルで動いている shell は 画面への文字出力を ファイルへの文字出力に切り替えたりと 入出力に融通が利き 使いこなせると強力なツールになります 本レッスンでは shell の詳しい 利用方法までは説明しませんが 興味がわいた人は unix shell といったキーワードで ネットを検索してみて下さい それでは Xcode の画面に切り替えます 新しいプロジェクトを作ります Mac のコマンドラインツールの プロジェクトを作るので OS X のアプリケーションタブを選びます 選んだら右画面から CommandLineTool を選んで Next ボタンをクリックします Product Name は study とします Language は Objective-C でもいいのですが ここでは一番シンプルな C を選びます C 言語は Objective-C の祖先であり C で使う文法は Objective-C でも そのまま使えるので 学習用には十分です printf 関数も使えます ワークスペースウィンドウが開いたら ランさせてみて下さい デバッグエリアが開き コンソールに Hello, World! が出力されます main.c にある main 関数を見てもらえれば 何をやっているかがわかるでしょう C 言語なので ソースファイルの拡張子は m ではなく c となります また import でなく include が使われ UIKit フレームワークは 必要ないので読み込みません printf を使うのに 最低限必要な stdio.h に変わっています プロジェクトを構成しているファイルも これ1つだけで非常にシンプルです 是非学習に活用して下さい このレッスンでは学習に利用できる Mac 用のコマンドラインツールの― 作り方を紹介しました

Objective-C 基本講座

このコースはプログラミング初心者でもObjective-CによるiOSアプリ開発の体系的な理解が得られるように構成されています。プログラムの動作の原理、Objective-C言語の役割、そこで利用されるCocoa touchオブジェクトの役割、基本的なiOSアプリの作成方法などを学習します。ぜひこのコースをアプリ開発に踏み出すさいの第一歩としてください!

6時間39分 (69 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年11月18日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。