Objective-C 基本講座

ファイルを分割する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
複数のソースファイルを用意する方法を学習します。
講師:
06:58

字幕

このレッスンではアプリが大規模になってくる と必要になるファイル分割を学習します アプリの機能を増やしていくと ソースファイルがどんどん大きくなります そして全体を見渡すために長いスクロールが 必要になりコンパイルの速度にも 影響を与えることになります この問題を解決するためにプログラマーは ソースコードがある程度の分量になると ファイルの分割を考えます ファイルを分割するときは 基本的に関数単位で行います 一つのファイルに一つの関数でもいいですし 複数でも構いません ここではoneDaySimulator 関数を別のソースファイルに移しましょう ファイルニュー ファイルメニューを選びます 今回のプロジェクトはOS10 の コマンドラインツールなのでOS10の ソースタブを選んで右画面から C ファイルテンプレートを選び ネクストボタンをクリックします ファイル名を oneDaySimulatorとします 拡張子は自動的に追加されます ヘッダーファイルも作成したいので チェックはつけたままにします ファイルの置き場所はターゲットやグループを 選べば適切な場所を示してくれます クリエートでファイルが作成され プロジェクトに oneDaySimulator.c と oneDaySimulator.h が 追加されます ここにmain.c から oneDaySimulator関数を カットアンドペーストします すぐにイベントタイプで エラーマークが出るはずです main.c 側でイベントタイプの 定義はしていますがコンパイラー の対象はファイル単位なのでこうなります main.c からイベントタイプの定義を コピーし関数の前にペーストしましょう これでエラーマークは収まります またmain.c では OnedaySimulator 関数を 呼び出しの横に注意マークがついています ソースにない関数を呼び出そうとしている という注意です 関数宣言で関数の存在を教えてやれば このエラーは収まります ランするとちゃんと動きます イベントタイプの定義が2 つ存在するのに コンパイラがエラーとしないのはこれもやはり コンパイラの対象がファイル単位だからです ただこれだと今後イベントタイプに新しい 文字列を追加するたびに 両方のファイルの修正が必要です このような事態を避けるために ヘッダーファイルが存在します 今回はoneDaySimulator.h に関数宣言と一緒に イベントタイプの定義を移してみます ヘッダーファイルには すでにif nondef といった コンパイラ指令が書き込まれています これはinclude で二重に読み込まれる のを防止する仕組みです ifnondef では横に書かれた define されていなければ endif までが有効となります そのため一度目はそのまま読み込まれますが その中でif nondefで調べている 文字列がdefine されているので二度目 以降は無効となり読み込まれなくなります ここにイベントタイプの定義と 関数宣言をペーストします そしてmain.c では oneDaySimulator.h をinclude します これで逆に oneDaySimulator.c が エラーとなります イベントタイプの定義が 二重になっているからです .c 側の定義を削除します 無事動きました ファイルを分割したので oneDaySimulator関数を変更 しただけならmain.c側はコンパイル されずに以前のコンパイル済みのマシン行動を リンカーが使うようにもなります このようなファイル分割はアプリが大規模に なればなるほど重要になってきます またアプリの規模次第では イベントタイプの定義を oneDaySimulator.hに 置かず単独で一つのヘッダーファイルとして 用意した方がいい場合もあります oneDaySimulator 関数も成長 して肥大化していくと中の処理を関数にして 分割することを考えなくてはいけなくなります 経験を積んでそういったことも 判断できるようになってください このレッスンではアプリが大規模になってくる と必要になるファイル分割について 学習しました

Objective-C 基本講座

このコースはプログラミング初心者でもObjective-CによるiOSアプリ開発の体系的な理解が得られるように構成されています。プログラムの動作の原理、Objective-C言語の役割、そこで利用されるCocoa touchオブジェクトの役割、基本的なiOSアプリの作成方法などを学習します。ぜひこのコースをアプリ開発に踏み出すさいの第一歩としてください!

6時間39分 (69 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年11月18日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。