Objective-C 基本講座

オブジェクトの属性を変更する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
オブジェクトのインスタンス変数を外部から触れるようにする方法、アクセッサ、および@propertyキーワードを紹介します。
講師:
03:12

字幕

このレッスンではインスタンス変数を 外部から参照したり 設定したりする方法を学習してください インスタンス変数はそのままだと 外部からは触れないようになっています 変数を所有しているオブジェクト以外が インスタンス変数を参照したり 変更したりしたい場合は 次にあげる専用のメソッドを用意します このようなインスタンス変数を 触るためのメソッドをアクセサーと呼びます 細かく分類するなら 値を参照する側がgetter 値を設定する側がsetter です アクセサーには命名規則があり getter の名前には変数名を そのまま使いsetter の名前には set に続けて変数名の 先頭一文字を大文字化したものを使います 後は通常のメッセージ送信で 値を取り出したり設定したりします またアクセサーの 名称規則に従っていくなら 使う側はドットを使った略記が可能です ドット構文と呼ばれています 見た目に構造体のメンバーへのアクセス のように見えますがコンパイル時に メッセージ送信に変換されます インターフェース部のアクセサー自体も プロパティを使って略記が可能です これで先ほどの命名規則に従った アクセサーが自動的に生成されます インプリメンテーション部も シンセサイズを使って略記が可能です この際自動的に生成される アクセサーが扱ううべきインスタンス変数を 指定してやる必要があります シンセサイズ自体も省略可能です その場合はプロパティで指定された名前の 手前にアンダースコアを加えた インスタンス変数が 暗黙裡に宣言されることになります この場合メソッドでは アンダースコアアマウントを使うか セルフとアクセサーを使うようにします また派生先では アクセサー経由でしか触れなくなります 現在のObjectC では この形が一般的です プロパティの後ろにカッコをつけて read onlyと書くことで getter のみ生成させることもできます この場合ドット構文を含め setter の利用はエラーとなります このレッスンでは インスタンス変数を外部から参照したり 設定したりする方法を学習しました

Objective-C 基本講座

このコースはプログラミング初心者でもObjective-CによるiOSアプリ開発の体系的な理解が得られるように構成されています。プログラムの動作の原理、Objective-C言語の役割、そこで利用されるCocoa touchオブジェクトの役割、基本的なiOSアプリの作成方法などを学習します。ぜひこのコースをアプリ開発に踏み出すさいの第一歩としてください!

6時間39分 (69 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年11月18日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。