Objective-C 基本講座

UIImageViewとアセットの利用

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Assetsによる画像ファイルの管理とあわせ、画像を出すこと特化したUIImageViewを紹介します。
講師:
04:48

字幕

このレッスンでは画像ファイルの管理と これを表示するUIimageView を紹介します ping や jpeg ファイルの画像を 画面に表示する時は UIImageView を使います こちらは UIView と同じようにして 作って使用すればいいのですが 画像を設定していないと UIView と特に変わりません UIImageView は 画像を設定して初めて効果を発揮します 画像は ping や jpeg ファイルの 形式で用意して アプリに埋め込みます この作業自体は Xcode がやってくれるので こちらが行うのは用意した画像ファイルを プロジェクトナビーゲータエリア に ドラッグ&ドロップ して 登録するという作業だけです ただし現在は画像ファイルを Assets に登録するのが一般的です ファイルは jpeg も使えますが アップルは ping を推奨しています ここでの話も ping を前提に進めます 画像ファイルを1 つ Assets にドラッグ&ドロップしましょう どちらにドロップしてもかまいません ファイルはドロップした時点で プロジェクトフォルダー内にコピーされます アセット名は ファイル名と関係なくつけることができます 項目のプレビューには 等倍 2 倍 3 倍とありますが これはレテナー画面に最適化された画像を 用意する場合に使います iPhone6S だと2倍を使うことになりますが なければ他の項目から 作られるようになっています 後はソース側で 登録した画像を読み込んで指定するだけです 画像は UIImage という オブジェクトにして利用します imageNamed という 簡易コンストラクターを使えば アセット名を指定するだけで作成できます これをUIImageView の イメージプロパティに指定すれば 設定しているフレームに合わせて 拡大 縮小して表示してくれます アセット名はもちろん NSString です 等倍で表示したければコンテンツモードに UIViewContentModeCenter などを指定します バックグランドはこれで 不要になったので削除します 縮小表示状態では効果がわからないので 100 パーセント表示にしてみます iPhone6S なので2 倍の画像が必要なのに 等倍の画像しかないため 粗い画像となります 2 倍 3 倍の画像を追加します きれいになりました できる限り全倍率を用意するといいでしょう 画面に最適な画像が得られます また現在 コンテントモードを外すと フレームに合わせて拡大されますが アセットで画像をスライスすると 画像の角だけ使って後の部分を 引き延ばすというような指定もできます このレッスンではリングファイルの管理と これを表示する UIImageView を 紹介しました

Objective-C 基本講座

このコースはプログラミング初心者でもObjective-CによるiOSアプリ開発の体系的な理解が得られるように構成されています。プログラムの動作の原理、Objective-C言語の役割、そこで利用されるCocoa touchオブジェクトの役割、基本的なiOSアプリの作成方法などを学習します。ぜひこのコースをアプリ開発に踏み出すさいの第一歩としてください!

6時間39分 (69 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年11月18日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。