Objective-C 基本講座

ユーザーの設定を記憶する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ユーザーの設定を記憶するオブジェクトNSUserDefaultsを紹介します
講師:
04:07

字幕

このレッスンでは NSユーザーデフォルツを紹介します NSユーザーデフォルツは 例えば 文字の大きさが変更できるといった アプリが用意した選択肢について ユーザーが選択していない場合に 使う値を決めておいたり ユーザーが選択したなら 次回のアプリ起動時は その値がそのまま利用できるように するために使います そのためNSユーザーデフォルツも NSディクショナリーのように キーと結びつけて オブジェクトを管理します そして内部で専用のファイルを読み書きして アプリが終了して 次に起動した時も キーに結び付けたオブジェクトの値が 再現できるようにしています そのほか 書記中のファイルを プロジェクトに登録して管理したり iPhoneの設定アプリで 管理する値を変更できるようにする 仕組みなども提供されているので 興味がわいた人は NSユーザーデフォルツを クイックヘルプで調べてみてください プリファレンスアンドセッティングス プログラミングガイドというドキュメントです ここではこのうちの ユーザーが設定した値を再現する 機能を使います NSユーザーデフォルツは 作成はせず アプリ起動時に自動的に用意されている インスタンスを使う必要があります これはスタンダードユーザーデフォルト というクラスメソッドで取り出せます 値を取り出す方は NSディクショナリーと同じく オブジェクトフォーキーが使えます ただしブラケットでの略記は 利用できません 設定する方では セットオブジェクトフォーキーを 使います どんなオブジェクトでも登録できるという わけではありませんが NSナンバーや NSstringは問題ありません また整数や実数などには いちいちオブジェクトにせずに 値をそのままやりとりできるようにした メソッドも用意されています それでは実際にやってみましょう Xコードに切り替えます ここではNSユーザーデフォルツに 覚えさせる値を UIスライダーで指定するようにしました ターゲットアクションデザインパターンで UIスライダーから値が変わった時に 通知を受けるようにして その値を スライダーというキーで NSユーザーデフォルツに 保存しています UIスライダーの値は バリューから取り出せ 実数で初期状態は 0から1の範囲となっています またビューデッドロードでは NSユーザーデフォルツから 値を取り出し UIスライダーに設定しています この場合 前回の記録が登録されていれば その値が戻りますし そうでなければ0が戻ります シンクロナイズは ファイルと同期を取らせるメッセージです アプリが中断する時などは 自動的に呼ばれるので 送らなくても特に問題はありませんし むやみにファイルを操作すrと パフォーマンスに影響を与えるので 使う使わないは自分で判断してください」 Xgoで強制的に終わらせる 状態なので 今回は使っています ランすると 前回の位置が 正しく再現されます このレッスンでは NSユーザーデフォルツを 紹介しました

Objective-C 基本講座

このコースはプログラミング初心者でもObjective-CによるiOSアプリ開発の体系的な理解が得られるように構成されています。プログラムの動作の原理、Objective-C言語の役割、そこで利用されるCocoa touchオブジェクトの役割、基本的なiOSアプリの作成方法などを学習します。ぜひこのコースをアプリ開発に踏み出すさいの第一歩としてください!

6時間39分 (69 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年11月18日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。