Mac OS X El Capitan の新機能

ユーザーインターフェイスの変更点

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、El Capitanの基本的なユーザーインターフェイスの変更点について確認します。メニューバーを自動的に隠す、カーソルの拡大、ウインドウタイトルバーの動作などが変更されています
講師:
05:29

字幕

このレッスンでは エルキャピタンの 基本的なユーザーインターフェースの 変更点について確認します メニューバーを自動的に隠す カーソルの拡大 ウィンドウタイトルバーの 動作などが変更されています。 まずメニューバーを隠す機能について 確認します OS10のデスクトップには 画面の上部にメニューバー 画面の下または左右に ドックが表示されます このドックは利用していない時には 自動的に隠す機能があります ドックの仕切りバーのところにカーソルを 合わせ副ボタンクリックをして 「自動的に隠す」を選択します すると 自動的にドックが隠れます これと同じ機能をメニューバーでも 利用できるようになりました メニューバーを自動的に隠す機能を 有効にするには システム環境設定を表示する 必要があります 画面の左上にある アップルメニューをクリックします システム環境設定を選択します システム環境設定が表示されたら 一般パネルを選択します すると メニューバーを自動的に隠す表示 の項目がありますので こちらのチェックボックスをオンにします するとメニューバーが 隠れたことがわかります メニューバーを表示するには カーソルを画面の上に近づけて下さい ドックの動作も基本的には同じです このようにメニューバーを 自動的に隠す ドックを自動的に隠す機能により デスクトップを最大限 活用できるようになっています 設定を一旦元に戻します 次に、カーソルを拡大する 機能についてご説明します デスクトップの広いマックなどでは 操作中にカーソルの位置を 見失ってしまうことがあります その場合エルキャピタンでは マウスまたはドラッグパッドを 左右に大きく操作することで カーソルを一時的に 拡大することができます 左右に素早くふってみましょう カーソルが大きくなったので 見つけやすくなりました もしこの機能を必要ない という方は システム環境設定を表示してください システム環境設定の アクセシビリティパネルを表示します マウスポインターをシェイクして 見つけるという項目がありますので このチェックボックスを外します すると、カーソルをすばやく左右にふっても このように拡大されなくなります ウィンドウタイトルバーの 変更について見ていきましょう ウィンドウタイトルバーとは ファインダーやアプリケーションの ウィンドウの上部にあるバーのことです まずファインダーウィンドウを 表示します メニューバーのファイルから 新規ファインダーウィンドウを選択します またドックにある サファリのアイテムから サファリを起動します このウィンドウの上部にある 部分がタイトルバーです このタイトルバーを ダブルクリックすると 最適なサイズを 拡大または縮小します 同様にファインダーウィンドウの タイトルバーも ダブルクリックします タイトルバーの ダブルクリックの設定は システム環境設定から変更できます システム環境設定が 表示されたら ドックパネルをクリックします このウィンドウタイトルバーの ダブルクリックでの項目の後に 拡大縮小となっていると思います このメニューをクリックし 「しまう」に変更すると ウィンドウがドックに収納されます 収納されたウィンドウは ドックのアイコンをクリックすると 元に表示されます ここではエルキャピタンの ユーザーインターフェースの変更点を 確認します これまでのOS10の ユーザーインターフェースを見直すことで より使いやすいものへと 進化しているのがわかります みなさんもマックの操作になれたら ご自分の使いやすい設定に 変更してみてください

Mac OS X El Capitan の新機能

このコースではたくさんあるMac OS X El Capitanの新機能のうち、もっとも注目すべきポイントを中心に紹介します。画面を2分割して複数のアプリを操作できるSplit View、新しい日本語の入力方法であるライブ入力、さらに強化されたSpotlight検索、そして標準アプリであるSafariやメール、メモや写真などに追加された新しい機能についても解説します。

42分 (9 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2015年11月18日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。