Mac OS X El Capitan の新機能

Split Viewを操作する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Split View(スプリットビュー)は、El Capitanから採用されたウインドウ表示の新機能です。ここでは2つのアプリを選んでSplitViewで表示するまでの流れを確認します。
講師:
03:51

字幕

スプリットビューは エルキャピタンから採用された ウィンドウ表示の新機能です このレッスンでは 2つのアプリを選んで スプリットビューで表示されるまでの 流れを確認します まずOS10の利点の1つに マルチタスクで同時に複数のアプリが 動かせることが挙げられます またウィンドウを フルスクリーン表示にすることで 作業に集中できるというのも 大きなメリットです ウィンドウをフルスクリーン表示に 切り替えるには ウィンドウタイトルバーをNoneし 緑のボタンをクリックします フルスクリーン表示とデスクトップを 移動するには トラックパットであれば 3本指で左右にスワイ またはキーボードであれば コントロールキーを押しながら左右方向の 矢印キーで移動します フルスクリーン表示を解除するには カーソルを画面の上部に移動し メニューバーを表示します するとウィンドウタイトルバーが 表示されますので 緑のボタンをもう一度クリックします さてスプリットビューは このマルチタスクとフルスクリーン表示の 両方の利点を兼ね備えた新機能です スプリットビューに対応した 2つのアプリを選んで デスクトップ画面いっぱいに表示できます これによって例えば インターネットで動画を見ながら 文章を書く あるいはメッセージで 友達とやり取りをしながら マップアプリで待ち合わせ場所を 探すと言ったことができます では実際に スプリットビュー表示に切り替える 方法を紹介します 先ほどと同じように ウィンドウタイトルバーの 緑のボタンを今度は 長押ししてみましょう すると画面がこのように切り替わり ウィンドウを 左右のいずれかに割り振ることができます 今サファリのウィンドウが 画面の左側に開かれましたが それ以外のウィンドウは 画面の右側に小さく表示されています このウィンドウの中から もう1つの画面に開きたいものを選びます ただしフルスクリーン表示できないアプリも ありますので注意します すると デスクトップの左右に2つのアプリを 表示できることがわかります このウィンドウの幅は 中央のバーを左右にドラッグすることで 変更できます 今2つのアプリの内 どちらが最前面に出ているか わからないかもしれません その場合 画面の上部に移動し メニューバーを表示します 現在はサファリがアクティブに なっていることがわかります もう1つの画面をクリックすると 今度はテキストエディットというアプリが 最前にあることがわかります スプリットビュー表示で 片方のウィンドウの緑のボタンをクリックし 表示を解除すると 元の大きさに戻ります そしてもう1つのウィンドウ この場合サファリのウィンドウは フルスクリーン表示となります ここではスプリットビューの 基本操作について確認しました 目的に合わせて ウィンドウを操作することで 作業の効率化を図ることができます

Mac OS X El Capitan の新機能

このコースではたくさんあるMac OS X El Capitanの新機能のうち、もっとも注目すべきポイントを中心に紹介します。画面を2分割して複数のアプリを操作できるSplit View、新しい日本語の入力方法であるライブ入力、さらに強化されたSpotlight検索、そして標準アプリであるSafariやメール、メモや写真などに追加された新しい機能についても解説します。

42分 (9 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2015年11月18日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。