Mac OS X El Capitan の新機能

さらに便利になったMission Control

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、El Capitanで強化されたMission Control(ミッション・コントロール)の機能について解説します。これまでより簡単に操作スペースを管理できるだけでなく、デスクトップ画面を分割するSplit Viewにも対応しています。
講師:
03:09

字幕

このレッスンでは エルキャピタンで強化された ミッションコントロールの 機能について解説します これまでより簡単に 操作スペースを管理できるだけでなく デスクトップ画面を分割する スプリットビューにも 対応しています ミッションコントロールは デスクトップに開かれた 複数のウィンドウを 1つの画面に表示する機能です エルキャピタンでは これまでより簡単に 操作スペースを 管理できるようになりました またスプリットビューにも 対応しています ミッションコントロールを起動するには トラックパッドであれば 3本指で下から 上の方向に向けて スワイプします キーボードであれば キーの1番上の列にある F3と書かれた ファンクションキーを押します ミッションコントロール画面に切り替わると デスクトップで重なっていたウィンドウが 重ならにように 並んでいるのがわかります また画面の上には デスクトップや フルスクリーン表示のアプリなど 操作スペースがバーに並んでいます ここにカーソルを合わせると それぞれのウィンドウのサムネールが 表示されます 今デスクトップに開かれていた 1つのウィンドウを フルスクリーンで表示したい場合は このバーにドラッグします すると新たな操作スペースが作られ このサムネールをクリックすると フルスクリーンで開きます またフルスクリーンのアプリを 元のデスクトップに戻すこともできます さらにフルスクリーンではなく 通常のウィンドウとして開きたい場合は 操作スペースの右上にある プラスのアイコンにドラッグします すると新たな デスクトップが作成され こちらに 通常のウィンドウとして開かれます また このデスクトップスペースは 順番を並び変えることもできます さらに操作スペースの 左上にある閉じるボタンをクリックしましょう すると 元のスペースに戻ります そしてエルキャピタンの ミッションコントロールには スプリットビューの機能が対応しています 例えば今 サファリのフルスクリーン表示が 操作スペースとして開いていますが ここにマップのアプリを 同時に表示したいと思います ドラッグすると サファリとマップ という表示に代わりました このサムネールをクリックすると このように スプリットビューで表示されています このレッスンでは 強化されたミッションコントロールと スプリットビューの連携について ご説明しました

Mac OS X El Capitan の新機能

このコースではたくさんあるMac OS X El Capitanの新機能のうち、もっとも注目すべきポイントを中心に紹介します。画面を2分割して複数のアプリを操作できるSplit View、新しい日本語の入力方法であるライブ入力、さらに強化されたSpotlight検索、そして標準アプリであるSafariやメール、メモや写真などに追加された新しい機能についても解説します。

42分 (9 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2015年11月18日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。