Mac OS X El Capitan の新機能

新しい日本語入力とフォント

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
El Capitanでは日本語入力に関するアップデートも行われました。日本語フォントの追加と新しい「ライブ変換」によって、日本語文章の作成がこれまでになくスムースになります。
講師:
05:54

字幕

このレッスンでは 日本語入力の新機能について確認します エルキャピタンでは 日本語フォントの追加と 新しいライブ変換の導入によって 日本語文章の作成が これまでになくスムーズになっています まずその準備として 「テキストエディット」を起動します ドックの「ランチパッド」をクリックし 続けて「その他」をクリックします 「テキストエディット」のアイコンを クリックします 文字を見やすくするために フォントのサイズを少し大きくします メニューバーの 入力メニューが日本語に なっていることを確認してください これまで日本語入力は カナ漢字変換をスペースバーで 行うのが基本でした 例えば 吾輩は猫である 名前はまだない と入力してみます 通常は 文節の区切りのいいところまで 入力したら スペースバーを押して変換します 確定するためには リターンキーを押します 文章を続けて入力します ひらがなを漢字に変換するために スペースバーを押します これが従来の 日本語入力の変換でした それでは次に エルキャピタンの ライブ変換について 見ていきましょう メニューバーの 日本語入力のアイコンをクリックします するとライブ変換という項目があります エルキャピタンに アップデートした環境では 通常はこれがオンになっています それでは同じ文章を ライブ入力で変換してみます このように文章を確定します ここまで スペースバーは一度も 入力していません ほかにも 専門用語辞書の強化など エルキャピタンの日本語入力は これまでよりもだいぶ スムースなものになっていることが わかります 続けて 新しいフォントについてご説明します 英語環境の システム標準フォントとして アップルオリジナルの サンフランシスコフォントが 追加されています また日本語のフォントも 新たに追加されています フォントの種類を確認するために フォントブックというアプリを起動します ランチパッドを起動します その他フォルダーの中にある フォントブックをクリックします サイドバーの スマートコレクションというところに 日本語の項目がありますので そちらをクリックします 登録されているフォントの種類は お使いの環境によって異なることがあります ここでは フォントの種類を見やすくするために フルスクリーン表示に切り替えます 緑のボタンをクリックしてください エルキャピタンで追加された 日本語フォントは クレー 游明朝体+36ポイントカナ 筑紫A丸ゴシック 筑紫B丸ゴシック この4書体はそれぞれ 2種類の太さが登録されています レギュラーとボールドの 2種類です さらに ヒラギの角ゴシックは フォントの太さである ウェイトが ダブル0から ダブル9まで 計10種類搭載される ようになりました ウェイトが1番細いダブル0は 非常に細いフォントになっています ウェイトの太いフォントを見ていきましょう 1番太いウェイトである ダブル9では 極太のゴシック体になっています フォントブックのサイズを元に戻します このように 日本語フォントの種類が 大幅に増えたことによって 文章の作成における表現力などが 大幅に向上することは間違いありません ここでは 日本語ライブ入力と 新しい日本語フォントについて 説明しました 新しい日本語入力環境で 文章の入力やプレゼンテーションの作成が はかどることでしょう

Mac OS X El Capitan の新機能

このコースではたくさんあるMac OS X El Capitanの新機能のうち、もっとも注目すべきポイントを中心に紹介します。画面を2分割して複数のアプリを操作できるSplit View、新しい日本語の入力方法であるライブ入力、さらに強化されたSpotlight検索、そして標準アプリであるSafariやメール、メモや写真などに追加された新しい機能についても解説します。

42分 (9 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2015年11月18日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。