レイヤー効果の活用テクニック

効果のスケールを拡大・縮小する

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
スタイルとして保存した効果の結果が解像度によって異なってしまうような場合に、効果全体を拡大・縮小して合わせます。
講師:
04:50

字幕

このレッスンでは レイヤー効果の拡大縮小について解説します それでは このレッスンの サンプルファイル Scale01.psd と scale02.psd 二つのファイル開いています 二つ開いたファイルを見ると 見た感じ全く同じものに見えますね それぞれテキストが打ってあります テキストレイヤーがありますね どっちも TEXT と書いてあって 見比べても差がないように見えますね では それぞれのテキストレイヤーに対して レイヤー効果をかけてみましょう ではですね スタイルを使いましょう スタイルの中の 「テキスト効果」というのがあるので これを選んで 置き換えましょう これですね 元に戻す時には スタイルの初期化とやると いつでも 一番最初の基本的なものに戻ります では scaleo1.psd の方から テキストのレイヤーを選んで これを適用しましょう クローム‐ファット と書いてある スタイルを適用すると このようなエッジが適用されます では もう片方の scale02.psd の方も この TEXT のレイヤーに対して クローム‐ファット 同じものを適用しましょう すると はい このような効果となります 一見同じように見えるテキストなんですが 同じスタイルを適用した結果が 全然違ってしまってます これはどういうことでしょうか 見比べるために 「ウインドウ」のメニューから 「アレンジ」ですね それで 「2 アップ-縦」というのを選んでください そうすると並べて見られますね なぜ全然違うのか 実はですね ここを見ると分かるんですけど scale01 の方は この大きさで表示 33% scale02 の方は この大きさで 100% 実は大きさが全然違うんですね 実は こっちの scale01を 100%で表示すると このレイヤー効果のサイズを一緒ですよね このように 適用する画像の解像度によって レイヤー効果の雰囲気が変わってしまいます なのでスタイルとして保存して置いたもの たとえば これぐらいの掛かり方を 想定して保存したのに この解像度の高い方にかけたら 全然違ってしまったと そういうことが起こってきます では そういった場合なんですが 今 左側の方にですね 選んでいます 左側のテキストのレイヤーに対して この fx のところを右クリックします そして「効果を拡大・縮小」 はい これを使ってみましょう そしたら比率というところにですね これをスイッチあげていくと はい こんな形で 今ベベルとエンボスと境界線という 二つの効果がかかってますが それがですね ちゃんと同じ割合で効果が膨らんで行きます 逆にですね 100% 以下にすると どんどん少なくなって なくなってしまいますね はい このようにですね レイヤー効果が適用されている状態で この「レイヤー効果を拡大・縮小」 これを使うと 効果全体はですね このように一括して 調整することができます 同じぐらいにしてやれば こちらの解像度の高いテキストの方も 同じような効果を得ることができました さあ スタイルは便利なんですが どうしてもですね 解像度の違いによって 見え方が違ってしまうので その部分を吸収する手段として fx の部分を右クリックして 「効果を拡大・縮小」ですね ここでプレビューを入れておいてください プレビューが入っていれば動かすのに こうしてリアルタイムで確認ができます はい 大変便利な機能なので 是非とも覚えておいてください

レイヤー効果の活用テクニック

Photoshopのもっとも重要な機能のひとつであるレイヤー。そのレイヤー効果を活用すれば、手軽にさまざまな表現を行うことができます。このコースではレイヤー効果の基本やスタイルの保存方法、レイヤーカンプを用いた効率的な作業手順やオプションの設定、いろいろなレイヤー効果を使った具体例などについて学ぶことができます。

3時間25分 (37 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年11月25日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。