レイヤー効果の活用テクニック

パネルオプションの設定

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
レイヤーパネルのオプションを設定し、表示領域を効率的に使って作業を快適化する設定などを解説します。
講師:
05:28

字幕

このレッスンではパネルオプションの 設定について解説します はい 今ですね このサンプルファイルですが はいレイヤーがですね一つ そして下に行って二つ そして三つですね そして背景と そんな形で重ねられていて そこに多数のですね レイヤー効果が適用されています はいこのようにですね 多数のレイヤー効果が適用されていると このレイヤーのパネルは 非常に多く占有してしまって このスクロールしないと なかなか表示ができなくなります こうなってくると 大変面倒なので この三角印をクリックすると 畳むことができるわけですが それでもですね 畳んでもなお まだちょっと表示しきれないと はいこれモニターの大きさによって 変わってきますが ちょっとでも多くですね こういったスペースを確保したい場合には このレイヤーの表示ですね これをちょっと調整するという手があります ではこのですね 右上の部分をクリックして 「パネルオプション」 これを実行します そうすると「サムネールサイズ」 というのがあります サムネールこの部分ですね そこのサイズを例えば「なし」などにすると このさっきサムネールの出た部分が 詰められて 記号だけになるので ちょっとですね全体のサイズが詰まります その分だけ こうした項目も 表示できる幅が大きくなるので どうしても邪魔という場合には サムネールをなしにしてしまう それも一つの手となっています またサムネールなんですが 再び表示にします 例えばこの 「Form 1」というレイヤーですね このチェックボックスの画像ですね これが出ているのですが 見た目なんだかよく分かりませんよね せっかくサムネールがあるのに 内容が分かりません これはなぜかというと またパネルオプションをみてみると 「サムネールの内容」これなんですが 「ドキュメント全体を表示」となっています つまりこの小さな画面の中で このレイヤーの中の全体をですね 表示しちゃっているんですね 透明の部分も含めて では今これ右下の方にチェックボックス この画像があるので 肝心の右下には このアイコンが被っていて 見えないという状態になってます もっとですね内容が 確実に分かるようにするには 「レイヤー範囲のみを表示」 こっちにしておくと はい見えましたね このように素材の中の無駄がない 分だけ表示すると このようにしておけばより レイヤーの内容が分かりやすくなります またですね このレイヤー効果の詳細なんですが たとえば新しいシェープを作成して ここにですね 新たにレイヤー効果を加えてやると じゃあ思い切ってですね いっぱいかけてみますがそうすると このようにまた ずらっと並んでしまって 一回毎にクリックしないといけません これですね 通常は開いてみないので 閉じたままでいい 必要な時は開けるという時には これの初期設定を変えることもできます はい パネルオプションで こっちですね 「新規効果とフィルターを拡張表示」 これをオフにしておくと ではこのシェープは捨ててしまって 新たにシェープを作って はいここにですね またレイヤー効果を付けてやると レイヤー効果は適用されるんですが ここが自動で開かなくなります クリックしないと ここが開かないので この幅が広がってしまって 鬱陶しいというのが少し減らすことができます さあこのようにですね ちょっとしたことなんですが このパネルの挙動を変えてやると より作業の快適度ですね 上げることができます ここをクリックして 「パネルオプション」こちらから表示できる 「サムネールサイズ」「サムネールの内容」 そして今回関係があるのは 「新規効果とフィルターを拡張表示」 この辺どれがしっくりとくるか 是非とも試してみてください

レイヤー効果の活用テクニック

Photoshopのもっとも重要な機能のひとつであるレイヤー。そのレイヤー効果を活用すれば、手軽にさまざまな表現を行うことができます。このコースではレイヤー効果の基本やスタイルの保存方法、レイヤーカンプを用いた効率的な作業手順やオプションの設定、いろいろなレイヤー効果を使った具体例などについて学ぶことができます。

3時間25分 (37 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年11月25日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。