レイヤー効果の活用テクニック

クリッピングしたレイヤーからの影響

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
レイヤーをクリッピングした際、クリッピング先のレイヤーの描画モード変更に影響を受けなくするための設定を解説します。
講師:
03:39

字幕

このレッスンでは クリッピングしたレイヤーからの 影響のコントロールについて解説します はいではですね このサンプルファイルですが はい 蝶のシェープと 切手の形のシェープ そして背景から構成されています はい 蝶とですね切手にそれぞれ レイヤー効果が適用されています はい それではですね この絵は切手の図柄として 蝶々がおいてあるという形ですけど 例えばですねこの蝶々が切手から 半分だけ顔を出しているような そんな絵を作りたい時にですね 単純に蝶を動かしても もちろんはみ出してしまうので そういった時には クリッピングという機能を使います はい ではこの蝶々のレイヤーを 右クリックして クリッピングマスクを作成とすると 下で切手のレイヤーで切り抜かれて そしてこの切り抜かれたところの上にですね この境界線も載っているので 切手の中で蝶々が半分外に出ているような 上手い具合にこうした図柄を作れます これはこれでいいんですが こういった時にまずいケースが出てきます では切手のレイヤーの描画モードを替えて 下のレイヤーの影響を受ける時にですね どうなるかというと たとえば切手を オーバーレイにしてみると はい このように切手のですね 図柄が下の背景と同じになったんですが このようにですね こちらの クリッピングした側の描画モードを変えると 上の蝶々も影響を受けちゃうんですね はい 上の蝶々のレイヤーは 影響を受けないままで クリッピングしたい そういった時には この切手の方のレイヤー効果の詳細をですね こっちを開けます はいそうすると 「クリップされたレイヤーをまとめて描画」 というのがあるので これを外します はいそうするとこのようにですね クリップされている この蝶のレイヤーは こっちの切手のレイヤーの 描画モードの変更の影響を受けなくなります この部分ですねレイヤー効果の 「クリップされたレイヤーをまとめて描画」 これのオンオフで 下のレイヤーと同じ描画モードの 影響を受けるようにできますし 受けないようにもできます 初期設定では 影響を受けるようになっているので 蝶々は蝶々で独立した表示を 保ちたい場合には これを外しておきます そうするとこの蝶々はですね この切手のどの部分に クリップされても 元の図柄を保ったままになっています はい クリッピング行う時にですね こちらの下のレイヤーの描画モード変更で 上も変わってしまうと ちょっと混乱することも多いので 是非とも この設定ですね 覚えておいてください

レイヤー効果の活用テクニック

Photoshopのもっとも重要な機能のひとつであるレイヤー。そのレイヤー効果を活用すれば、手軽にさまざまな表現を行うことができます。このコースではレイヤー効果の基本やスタイルの保存方法、レイヤーカンプを用いた効率的な作業手順やオプションの設定、いろいろなレイヤー効果を使った具体例などについて学ぶことができます。

3時間25分 (37 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年11月25日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。