レイヤー効果の活用テクニック

ブレンド条件を使った合成

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
素材の持っている明暗の情報をもとに合成を行える「ブレンド条件」を活用した合成について解説します。
講師:
06:47

字幕

このレッスンでは ブレンド条件を用いた構成について 解説します はい それではですね 今 このレッスンのサンプルファイル こうした 路地裏の写真があります ではですね この写真空が真っ白で 味気ないので この真っ白い部分にですね グラデーションを足して ちょっと青空っぽく してみようと思います さあ ではまず青空の材料を作ります では 新規レイヤーを 実行して はい 空のレイヤーを作っておきます そしたら 描画色ですね これを こんな感じの 青にしておきましょう はい そして グラデーションツール これをやります はい グラデーションツールで 描画色から白ですね このパターンにしておきます さあ これになってると こうやって線を引いた はいに従ってグラデーションが 作成されるので それでは 一番上を スタートにして シフトキーを押しながら ドライブすると まっすぐですね 真ん中ぐらいですね 目分量で構わないので 真ん中ぐらいまで引っ張ります そして手を放すと はい こんな感じに 青から白へのグラデーションができました このへんが空っぽいですよね はい そしたらですね これを こちらに合成するのですが てっとり早い方法として真っ白い部分に 色を乗せたい場合は 描画モードを 乗算にするという手がありますね では このグラデーションのレイヤーを 乗算にしてみると はい 白い部分にはうまい具合に 色が乗りました ただ 同時に 建物の方にも 乗ってしまってるので これはうまくないですよね この白い部分だけに うまいこと 色を乗せたいという場合 レイヤーマスクなど使って ここを切ってもいいんですが それよりもっと簡単な方法があります はい それではですね では このレイヤーを 選んだ状態でレイヤー効果を開けます はい そうすると このレイヤー効果の 設定の中にある ブレンド条件 これを使うことができます はい ではですね ちょっと見えるところに持っていって はい ブレンド条件ですが これなんですが 明るさを基準にして レイヤーの一部をですね 消すことができるという そういう機能になっています そして このレイヤー  下になってるレイヤーと言いますけど このレイヤーというのは 今これを適応してるレイヤー ここでいうところの このグラデーションのレイヤーですね はい そして 下になっているレイヤー それはこういうところの写真のほうです では試しにですね このスライドをちょっと動かしてみると まずこのレイヤーの方ですね 動かしてみると はい この暗い方を動かしていったら 大分上の方に来た時に この水色の部分がなくなってきました 逆に この 白い方ですね こちら動かしてみると はい ある程度までいくと 水色がなくなってきます これどういうことかというと このグラデーション この辺りは真っ白ですよね えー この 白い方のスライダーを 徐々に左に動かしていくと どんどん明るい部分からなくなっていくという そういった設定になっています 最初白い分部からなくなっていって だんだんグラデーションの 青い部分に 新色が足していると そういう状態なんですね はい これで例えば 上下がですねこのへんの この渡り廊下のほあたりまで下げてきて はい 実際にですね グラデーションが始まるあたりから 青くすることができるんですけど はい これだと いきなり色が変わってしまいますね そういったときには このポイントをですね 分解して さらに余裕を作ることができます では ちょっと わかりやすくですね もう少し上でやってみましょう はい では例えばこのへんにしたとして 今はっきり境界線が見えていますが マックのかたはオプションキー ウインドウズのかたはALTキーを押しながら このポイントをドラッグすると はい このように分解されます そしてこの分解された幅をですね 広げてやると このようにグラデーションになります これを適切にですね 設定してやると はい いきなりスパッとなくなるのではなく 徐々にグラデーションでなくなっていくと そういった設定ができます では これでですね 青い部分だけ残して だんだんとですね グラデーションになっていくという 設定できたんですが こっちの 建物にまでも被りっぱなしですね はい ここうまい具合にですね 建物はだいたい空よりも 暗い色なので では下のレイヤーですね こちらは 逆に暗い方をだんだん失くしていくという そういう設定してみましょう ではこっちの左側のスライダーを どんどん動かしていくと はい ある時点までくると さあ 見てください この窓の辺りとかですね 建物の辺り 青色の被っていたのが だんだん暗いところから どんどんなくなっていきますね はい これはある程度まで持っていって はい もう一番こっちまで来ると よけいなとこも消えてしまいます ではですね ある程度のとこまでいったら こちらも マックのかたはオプションキー ウインドウズのかたはALTキーを押しながら ドラッグすることで 柔らかくですね 徐々に変えていくことができます これぐらいだったらもうわからないですね はい これでOKすることによって はい 元々はですね ただの全面のベタッとした グラデーションだったんですが この うまいことですね 元の素材の持っている レイヤーの情報を活かして ブレンド条件を設定したことで 非常に簡単にですね ぴったり狙った範囲だけ グラデーションを適応することができました はい このブレンド条件 様々な場面で応用できるので 是非とも覚えといてください

レイヤー効果の活用テクニック

Photoshopのもっとも重要な機能のひとつであるレイヤー。そのレイヤー効果を活用すれば、手軽にさまざまな表現を行うことができます。このコースではレイヤー効果の基本やスタイルの保存方法、レイヤーカンプを用いた効率的な作業手順やオプションの設定、いろいろなレイヤー効果を使った具体例などについて学ぶことができます。

3時間25分 (37 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年11月25日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。