レイヤー効果の活用テクニック

霧や雨を表現する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
レイヤー効果のスタイルプリセットを利用して、画像に霧や雨などの効果を加える手順を解説します。
講師:
07:09

字幕

このレッスンでは レイヤー効果を使って 霧や雨などを表現してみましょう はい それではですね 今 写真のサンプルファイルがありますが ここに新しいレイヤーを一枚加えます はい 新規のレイヤーを作って まずはここを黒で塗りつぶします ではレイヤー全体を選択します マックの方はコマンド ウインドウズの方は コントロールを押しながらAを押します はい そして編集メニューから 塗りつぶしこれを実行すると はい 内容ブラックですね これで実行します じゃあ選択範囲はもういないので コマンドもしくはコントロール Dを押して消します はい そしたら レイヤー効果ですね これを適応します はい そして スタイルの中から 今回ですね元々入っている スタイルを使ってみましょう では こっちの選択肢から画像効果 はい 置き換えますか OKですね はい そして これですね霧これを選ぶと このようにですね もあっとしたパターンができます これ何かというと グラデーションオーバレイで作ってるんですね では これをですね 描画モードスクリーンにすると はい このように もあっと霧のような雰囲気が出てきました これだとちょっと多すぎるので レイヤーマスクでですね調整しましょう はい ではですね レイヤー効果の設定で レイヤーマスクで効果を隠す ここに チェックを入れたうえで 新たにレイヤーマスクを追加します そしたらここに対してブラシを使ってですね 描画色黒でちょっと薄め 不透明度20%ぐらいで はい このようにやっていくと やったところがちょっと薄くなりますね はい 多少むらを作っていって こんな感じに調整していくと より自然な感じになりますね ちょっと薄くなっているとことは逆に 白で塗ってやると 霧きますね はい でですね これは レイヤー効果なので 実はですねここのfxを クリックしたうえで スタイルで他のものを選ぶと いつでも切り替えられるんですね はい 例えばこの中から雨なんか選ぶと はい このような形で 今度は雨になりました そしたらこれですね また 描画モードを スクリーンにすると はい こんな感じに 雨が降った画像になりました じゃあ一度ですねレイヤーマスクを 捨ててしまって はい適応しないで 削除ですね これも同じように調整できるんですが 例えばですね ちょっと あまりに強く降っている これをですねもう少しまっすぐ上から 降っているようにしたいなんて場合ですね はい 例えばこれをですね このレイヤー自体を 従変形で 動かそうとすとレイヤーを動かしても レイヤー効果付いてこないですね はい なのでそうした場合には これですね レイヤーをラスタライズ してしまえば レイヤー効果は 固定されますけど  素材として使えるので これで この雨の角度も変わります はい そしたらですね こういったものをやるときなんですけど レイヤーを 何個か複製してですね 例えば 一個複製したら それをですね 少し大きめに してやったり またはもう一度複製してですね こんどはそれを 小さめにしたり こんな感じで配置していくと ちょっと立体感が出てきますね はい それぞれですね レイヤーマスクでもいいですし 単体のレイヤーになってしまってるので 例えば 消しゴムなんかですね こういったものでブラシにして サイズを記名してですね 不透明度もさげて なじむように 加工してあげると 適度にですね お互いに馴染んでいって はい いろんな大きさの雨粒が混じった 立体感のある雰囲気を作ることができます はい レイヤー効果ですね 様々な こうしたテクスチャーグラデーションが そういったものをですね 応用して こういう効果を作っていくと だいぶですね 簡単にいろんなものを 作ることができますね はい あとは これですね不透明度を ちょっと調整してやったりとか さらにカラーバランスなんか追加してですね ちょっと全体の色をですね 雨の日っぽいような色にしてやったり または レベルんなんかを調整したりですね 暗めにしてやったり そうするとまた境界線の 見え方が変わってくるので こういったところですね 境界線の 見えてる部分に対して 細かい処理を加えてやると よりですね 自然な形に仕上がっていきます はい こうしたレイヤー効果を利用した 霧や雨の表現ですね 結構使える場面が多いので ぜひとも試してみてください

レイヤー効果の活用テクニック

Photoshopのもっとも重要な機能のひとつであるレイヤー。そのレイヤー効果を活用すれば、手軽にさまざまな表現を行うことができます。このコースではレイヤー効果の基本やスタイルの保存方法、レイヤーカンプを用いた効率的な作業手順やオプションの設定、いろいろなレイヤー効果を使った具体例などについて学ぶことができます。

3時間25分 (37 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年11月25日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。