Office 2016 の新機能

Office 2016 のインターフェイスについて

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Office 2016 のインターフェイスについて解説します。Office 2016の画面構成を確認して、以前のバージョンとの違いなどを紹介します。
02:24

字幕

このレッスンでは Office 2016 のインターフェイスについて解説します。Office 2016 の画面構成を確認して以前のバージョンとの違いなどを紹介します。では見てみましょう。Office 2016 をインストールしてアプリケーションを起動するとタイトルバー付近の配色がそれぞれのアプリケーションのイメージからになっています。例えばこちらは Excel の画面ですがExcel のイメージカラーである緑色気の配色になっていますね。PowerPoint の場合にはタイトルバー付近の色はオレンジ色気そして Word の場合にはイメージカラーである青色気になっています。この様に基底ではカラフルなテーマが各アプリケーションに適応されています。ではそれ以外のインターフェイスも見てみましょう。画面の構成は以前のバージョンと同じ様な使用となっています。一通り確認しておきます。ではこちらのWord の画面を使って確認して見ましょう。各アプリケーションでコマンドを実行する時にはリボンを活用します。リボンはタブで構成されています。ホームタブには普段よく使うコマンドがそれ以外のコマンドは各タブをクリックすると登場しますので解答をするタブをクリックしてコマンドを実行します。 またファイルタブをクリックするとバックステージビューが表示されます。バックステージビューにはファイルに関する情報表示する画面や開いたり 印刷をしたりするファイルに関するコマンドを実行するメニューが用意されています。バックステージビューを閉じるにはバックステージビュー左上の左向き矢印をクリックすると編集が目に戻ります。またタイトルバーの左端にはクイックアクセスツールバーが用意されていますので普段よく使うコマンドを配置しておくことが出来ます。この様に Office 2016 のインターフェイスが以前のバージョンと同じ様な使用となっていますので以前のバージョンの経験者の皆さんはOffice 2016 のアプリケーションをすぐに使い始めることが出来るでしょう。このレッスンでは Office 2016 のインターフェイスについて解説しました。

Office 2016 の新機能

このコースではOffice2016から新たに導入されたWordやExcel、PowerPointなどの主な機能について解説します。実行したい操作にすばやくアクセスできる操作アシスト機能や画面の配色を変更できるOfficeテーマ、またより簡単になったドキュメントの共有や強化されたグラフ作成機能など幅広く紹介します。

46分 (14 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2015年12月02日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。